ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • その言葉だと何も言っていないのと同じです! 「自分の考え」を論理的に伝える技術

  • その言葉だと何も言っていないのと同じです! 「自分の考え」を論理的に伝える技術

ポイント倍率

その言葉だと何も言っていないのと同じです! 「自分の考え」を論理的に伝える技術

  • 吉岡友治/著 吉岡 友治
    VOCABOW小論術校長。仙台市生まれ。東京大学文学部社会学科卒。シカゴ大学大学院人文学科修了。専攻は演劇と文学理論。駿台予備学校・代々木ゼミナールで20年にわたり国語・小論文の講師を務めた。日本語における小論文メソッドを確立し、ロースクールやMBA志望者に論文指導を行なう一方、各地の学校・企業・コンサルタントを対象に、論理的表現の研修を行なっている。インドネシア・バリ島にも仕事場を持ち、東京とバリとを往復するプチ・ノマド的な活動を展開している

  • ISBN
    978-4-534-05151-6
  • 発売日
    2014年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 会議、プレゼン、論文・レポート…思考停止のマジック・ワードを使っていませんか?「主張」とは、「理由」+「例示・データ」+「結論」の3点セット。
目次
第1章 便利だけれど、何も言っていない「マジック・ワード」(問題解決から遠ざかる系
呪いの強調言葉系 ほか)
第2章 会社の定番用語だけれど、意味不明な「マジック・ワード」(言葉だけ先行のトレンド系
具体的にはどうなるの?系 ほか)
第3章 メディアで使われやすいけれど、中身のない「マジック・ワード」(ごまかすために力む言葉系
誰が言っているの?系 ほか)
第4章 「自分の考え」を論理的に伝える技術(まず言葉を定義しよう
首尾一貫して考えよう ほか)
第5章 反面教師で学ぶ「マジック・ワード」を使ってしまう人の頭の中(直感を信じすぎる人々
いつも正しいことを言いたがる人々 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「1人ひとりができることをする」「意識改革をすべき」「組織一丸となって」など、便利だけれど中身のない思考停止に陥る言葉を、著者は「マジックワード」と呼ぶ。「マジック・ワード」を反面教師として「自分の考え」を論理的に伝える方法を解説。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • その言葉だと何も言っていないのと同じです! 「自分の考え」を論理的に伝える技術
  • その言葉だと何も言っていないのと同じです! 「自分の考え」を論理的に伝える技術

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中