ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ITロードマップ 2018年版

  • ITロードマップ 2018年版

ポイント倍率

ITロードマップ 2018年版

  • 野村総合研究所ビジネスIT推進部/著 NRIセキュアテクノロジーズ/著 野村総合研究所 ビジネスIT推進部(ノムラソウゴウケンキュウジョ ビジネスアイティースイシンブ)
    進展著しい情報技術の動向を把握、分析、予測するITアナリスト集団。情報技術の変化を敏感に捉え、顧客企業やNRIグループが適切なIT投資や研究開発を行うための戦略立案機能のほか、顧客によるデジタルビジネスの推進を加速するオープンイノベーション機能を持つ。

  • ページ数
    331p
  • ISBN
    978-4-492-58113-1
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,808

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人工知能(AI)、量子コンピュータ、ブロックチェーンのセキュリティ…ITの近未来がこれ1冊でわかる!
目次
第1章 ITロードマップとは(『ITロードマップ』とは
『ITロードマップ2017年版』の要約 ほか)
第2章 5年後の重要技術(人工知能(AI)―ディープラーニングによる自然言語処理の進化
AIアシスタントデバイス―普及が始まる音声対話型デバイスが実現する世界 ほか)
第3章 複合的なITの活用による新サービスの可能性(金融×AI(人工知能)―金融業界で有望視されているAI適用分野を探索する
ロボ・アドバイザー2.0―新たなステージで発展するロボ・アドバイザー ほか)
第4章 ビジネスを加速させるセキュリティ技術(IDと認証セキュリティ―利便性とセキュリティの両立へ向けた新たな動向
APIセキュリティ―オープンAPIを安全に利用する仕組みと技術 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

人工知能(AI)、量子コンピュータ、ブロックチェーンのセキュリティ・・・・・・

「ユビキタスAI」の時代にビジネス、働き方はどう変わるのか?
ITの近未来がこれ1冊でわかる!
 
「ITロードマップ」とは、特定のIT領域について、現在から5年程度先までの技術の進化を予想した年表形式の「マップ」である。各技術のロードマップには、予想の根拠となる研究開発、製品開発の動向、さらにはアーリーアダプターによる活用の状況、今後の課題などについての解説を加えている。
 
本書は、ITをビジネスに活用する企業の経営者やCIO、企画部門の方、実際にITの開発や運用に携わる方々に対して、今後のIT利活用のナビゲーションとなるべく、以下のような構成としている。

■第1章 「ITロードマップとは」
ITロードマップの概要を紹介するとともに前年版の簡単なサマリーを記している。
また、「今後5年の重要技術トレンド」として、「ユビキタスAI時代の到来」「音声インターフェースの普及」「ホワイトカラー業務の自動化の進展」「エッジコンピューティングの台頭」「データサイエンスの民主化」の5つを挙げている。

■第2章 「5年後の重要技術」
5年先までの間に、ビジネスや社会に広く普及し、さまざまな影響を及ぼすと考えられるITとして「人工知能(AI)」「AIアシスタントデバイス」「エンタープライズ・チャットプラットフォーム」「VR(仮想現実)・AR(拡張現実)」「量子コンピュータ」等の技術トレンドについて紹介している。また技術トピックスとして、「データサイエンス・プラットフォーム」「チャットボット」「人間拡張(Augmented Human)」をコラムで取り上げている。

■第3章 「複合的なITの活用による新サービスの可能性」
技術の観点からの切り口ではなく、特定業界と関係が深いテーマを扱っている。金融業界と関係の深い「金融×AI(人工知能)」「ロボアドバイザー2.0」、広告・マーケティング業界と関係の深い「マーケティング×AI」の各動向について解説している。また「働き方改革とテクノロジー」について、コラムで詳述している。

■第4章 「ビジネスを加速させるセキュリティ技術」
年々、重要性が高まっているセキュリティ技術の中から、「IDと認証セキュリティ」「APIセキュリティ」「ブロックチェーンにおけるセキュリティ」を取り上げている。また「サイバーセキュリティ×AI」と「インターネットアクセスにおけるセキュリティの新技術」について、コラムで解説している。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • ITロードマップ 2018年版
  • ITロードマップ 2018年版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中