ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ラディカル・マーケット 脱・私有財産の世紀

  • ラディカル・マーケット 脱・私有財産の世紀

ポイント倍率

ラディカル・マーケット 脱・私有財産の世紀

  • エリック・A・ポズナー/著 E・グレン・ワイル/著 安田洋祐/監訳 遠藤真美/訳 ポズナー,エリック・A.(Posner,Eric A.)
    シカゴ大学ロースクールのカークランド・アンド・エリス特別功労教授。シカゴ在住

    ワイル,E.グレン(Weyl,E.Glen)
    マイクロソフト首席研究員で、イェール大学における経済学と法学の客員上級研究員。ボストン在住

    安田 洋祐
    大阪大学大学院経済学研究科准教授。1980年生まれ。東京大学経済学部卒業後、米国プリンストン大学へ留学しPh.D.を取得。政策研究大学院大学助教授を経て、2014年4月から現職。専門はゲーム理論、産業組織論。学術研究の傍らマスメディアを通した情報発信や、政府での委員活動に取り組んでいる

    遠藤 真美
    翻訳家

  • ページ数
    476p
  • ISBN
    978-4-492-31522-4
  • 発売日
    2020年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,520

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 富裕層による富の独占、膠着した民主主義、巨大企業によるデータ搾取。21世紀初頭の難題を解決するまったく新しいビジョン!
目次
序文 オークションが自由をもたらす
序章 自由主義の秩序の危機
第1章 財産は独占である―所有権を部分共有して、競争的な使用の市場を創造する
第2章 ラディカル・デモクラシー―歩み寄りの精神を育む
第3章 移民労働力の市場を創造する―国際秩序の重心を労働に移す
第4章 機関投資家による支配を解く―企業支配のラディカル・マーケット
第5章 労働としてのデータ―デジタル経済への個人の貢献を評価する
結論 問題を根底まで突き詰める
エピローグ 市場はなくなるのか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:RADICAL MARKETS
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

既得権をなくす! 独占を壊す!
自由な社会をどう作るか?
若き天才経済学者が描く、資本主義と民主主義の未来!

支配なき公正な世界のデザインとは?
富裕層による富の独占、膠着した民主主義、巨大企業によるデータ搾取……
21世紀初頭の難題を解決する、まったく新しいヴィジョン!

「私はずっと、テクノロジーと市場の力を用いて平等な社会を実現する方法を探してきた。本書こそが、その方法を示している」――サティア・ナデラ(第3代マイクロソフトCEO)

「深淵かつオリジナルな本書の分析は、あなたの世界観を根底から覆すだろう」――ジャン・ティロール(2014年度ノーベル経済学賞受賞者)

経済の停滞、政治の腐敗、格差の拡大。この状況を是正するには、発想を自由にして抜本的な再設計を行わなくてはならない。社会を成立させるための最良の方法は市場と考えるが、最も重要な市場が今は独占されているか、存在していない。

だが、真の競争が可能な、開放的で自由な市場を創出することによって、格差を縮小し、繁栄をもたらし、社会の分断を解消できるはずだ。すなわち、オークションを要とするラディカル・マーケット(競争原理によって誰もが参加できる自由な取引市場)である。

私有財産は本質的に独占的なものである。そのため、私有財産を廃止し、財産をより高く評価する者の手に渡らせ、彼らに財産を有効活用させればよい。これを実現するのが、著者たちの主張する「共同所有自己申告税」(COST)だ。

また、現行の投票制度では、多数者が大きな影響力を持ち、少数者の利益は守られない。そして、ある問題に関する関心の強さは人によってまちまちだが、その関心の強さを票に反映することは不可能だ。著者たちの主張する「二次の投票」(QV)を導入すれば、投票者は自分の関心の強さを投票に反映することが可能となり、強い関心をもつ少数者が多数者の支配から守られる。これこそが本書で述べられる「ラディカル・デモクラシー」である。

本書は、移住の自由化への反感、機関投資家による市場の独占、巨大なプラットフォーム企業によるデータ労働の搾取といった、21世紀のさまざまな問題を解決し、繁栄と進歩を可能にするために、古い真理を疑い、物事を根底まで突き詰め、新しいアイデアを提案する「ラディカル」な提案の書である。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • ラディカル・マーケット 脱・私有財産の世紀
  • ラディカル・マーケット 脱・私有財産の世紀

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中