ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 避難弱者 あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか? 2011.3.11

  • 避難弱者 あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか? 2011.3.11

避難弱者 あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか? 2011.3.11

  • 相川祐里奈/著 相川 祐里奈
    1986年愛知県生まれ。2010年慶應義塾大学総合政策学部卒業。大手新聞社に勤務した後、2012年3月、国会に設置された東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調)に事務局調査員として参加。解散後はフリージャーナリストとして活動している

  • ページ数
    285p
  • ISBN
    978-4-492-22331-4
  • 発売日
    2013年08月

1,800 (税込:1,944

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 原発から爆発音が聞こえた―放射線が飛び交う中、自らの危険を顧みず老人に寄り添った介護士たちの奮闘と葛藤を克明に描き出す感動のルポ。
目次
第1章 「終わりだ。原発が爆発した」―死者が続出した老人ホーム、バラバラに避難した老人ホーム
第2章 「おらがこんな状況だから、みんなおらのことおいて逃げんだべ」―最後まで取り残された老人ホーム、長距離避難を強いられた老人ホーム
第3章 「やっぱり、高齢者には避難は無理なんだ」―避難しないことを選択した老人ホーム
第4章 「最後は俺がケツを拭くから。明日にでも受け入れるよ」―行政よりも早く避難者の受け入れに動いた会津の老人ホーム
第5章 「子どもができなくなったら、どう責任とるんだよ!」―現場で戦った職員の本音
第6章 「弱者が淘汰されていくのかと思うほど簡単に亡くなっていく」―今、何をすべきか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 避難弱者 あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか? 2011.3.11
  • 避難弱者 あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか? 2011.3.11

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中