ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 世界のなかで自分の役割を見つけること――最高のアートを描くための仕事の流儀

  • 世界のなかで自分の役割を見つけること――最高のアートを描くための仕事の流儀

世界のなかで自分の役割を見つけること――最高のアートを描くための仕事の流儀

  • ページ数
    228p
  • ISBN
    978-4-478-10452-1
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • いま最も注目を集めている新進気鋭の現代アーティストが語る人生論。
目次
1 つながるためのアート―「天地の守護獣」と大和力(アートは魂でつながるための道具
大英博物館に所蔵された「しっぽを振る狛犬」 ほか)
2 アートの原点―山犬さまとメタセコイアの夢(山犬さまに守られていた頃
チラシの裏の動物たち ほか)
3 「自分の心」を超えていけ―「四十九日」までの日々(「自分の感受性くらい」
銅版画の「線」と出会う ほか)
4 大和力を、世界へ。―出雲大社に授かった「新・風土記」(ニューヨークでの「アート強化合宿」
「四十九日」との決別 ほか)
5 未来のためのアート―「遺跡の門番」と自分の役割(「三年周期」で進めていく画家人生
南インドで生まれた「遺跡の門番」 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「新・風土記」出雲大社奉納、「天地の守護獣」大英博物館日本館永久展示、「遺跡の門番」クリスティーズに出品、落札…。
競争が激しいアートの世界で、なぜ、いま小松美羽が評価を集めているのか? その理由が、彼女の人生や価値観、考え方から明らかになる1冊。
自分の「役割」や、生きる目的が見つかる珠玉の自己啓発書。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 世界のなかで自分の役割を見つけること――最高のアートを描くための仕事の流儀
  • 世界のなかで自分の役割を見つけること――最高のアートを描くための仕事の流儀

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中