ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 若手社員を一流に変えるディップの「最速育成法」 あの会社の新人は、なぜ育つのか

  • 若手社員を一流に変えるディップの「最速育成法」 あの会社の新人は、なぜ育つのか

ポイント倍率

若手社員を一流に変えるディップの「最速育成法」 あの会社の新人は、なぜ育つのか

  • 藤沢久美/著 藤沢 久美
    シンクタンク・ソフィアバンク代表。大学卒業後、国内外の投資運用会社勤務を経て、1996年に日本初の投資信託評価会社を起業。同社を世界的格付け会社のスタンダード&プアーズに売却後、2000年にシンクタンク・ソフィアバンクの設立に参画。13年、代表に就任。そのほか、静岡銀行、豊田通商などの企業の社外取締役、各省庁審議会の委員などを務める。07年、ダボス会議(世界経済フォーラム主催)「ヤング・グローバル・リーダー」、翌年「グローバル・アジェンダ・カウンシル」メンバーに選出され、世界の首脳・経営者とも交流

  • ページ数
    205p
  • ISBN
    978-4-478-10310-4
  • 発売日
    2018年03月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アルバイトサイト「バイトル」を運営するディップの新入社員は、1年で一人前になる。
    それには、採用・教育などで、若手社員の「やる気に火をつける」独特の方法がある。
    伸びる会社の最速「人材育成」の極意を、若者(部下・後輩)の育成に関心のある全てのリーダーに届けます。

    AI(人工知能)時代を迎え、「人にしかできない仕事」が、今後ますます重要になってくる。そして、せっかく採用した人材をいかに育てるかは、各企業の大きな課題である。こうした人材育成の疑問に、参考になる企業がある。アルバイト求人サイト「バイトル」を運営するディップ株式会社だ。創業して20年という若いベンチャー会社だが、2017年2月期決算で、売上高、営業利益ともに4期連続の増収増益(約300億円、営業利益9億円)を達成し、東証一部に上場。「JPX日経インデックス400構成銘柄」に選出されている。同社からの学びポイントは、「若手のやる気に火をつける」マネジメントにある。ディップの「新入社員を短期間で戦力化し、高いモチベーションを長期にわたって維持する人材に育てる」とマネジメントとはいかなるものなのであろうか。数々のトップリーダーを人脈に持つ藤沢久美氏を執筆者に迎え、社員の生の声を積み上げて構成された本書は、優れたケーススタディ書として、若手の活用のヒントを得たい全ての企業トップやマネジャーへの救世本となるであろう。
目次
はじめに 若手社員が最速成長する会社
第1章 最速成長のための「いい人採用」
第2章 最速成長のための「営業現場」
第3章 最速成長のための基本「スタンス教育」
第4章 最速成長のための先輩たちの「手間隙コミュニケーション」
第5章 最速成長に集中できる「文化づくり」
第6章 最速成長を「信じる力」
第7章 最速成長を実現に導く「経営メンバー」
おわりに 最速成長の先にあるもの

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

若手社員がモチベーション高く、売り上げを上げていく企業にディップという会社があります。アルバイトサイト「バイトル」を運営する会社で、採用・教育など独特のやり方で「若手のやる気」に火をつけていきます。しかも1年で一人前にする、という速さをもってです。ブラック企業という言葉が流行りましたが、過重労働を押しつけて企業が成長する時代は終わりました。伸びる会社の人材育成の極意を、部下・後輩・若者の育成に関心のあるすべての人に届けます。

ページの先頭へ

閉じる

  • 若手社員を一流に変えるディップの「最速育成法」 あの会社の新人は、なぜ育つのか
  • 若手社員を一流に変えるディップの「最速育成法」 あの会社の新人は、なぜ育つのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中