ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ラクして速いが一番すごい

  • ラクして速いが一番すごい

ポイント倍率

ラクして速いが一番すごい

  • 松本利明/著 松本 利明
    人事・戦略コンサルタント。HRストラテジー代表。日本人材マネジメント協会(JSHRM)執行役員

  • ページ数
    221p
  • ISBN
    978-4-478-10259-6
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • PwC、マーサー、アクセンチュアといった世界的な外資系
    コンサルティング会社で、著者が一貫して行ってきたことは
    「人の目利き」だ。

    著者の松本氏は、24年間で5万人以上のクビ切りを手伝い、
    その一方で、6000人を超えるリーダー・幹部社員を選抜してきた。

    優秀なエリートには共通点がある。
    彼らは「真面目に、我慢して、一生懸命」ではなく、
    「ラクして速く」をモットーに、効率よく結果を出し続けている。

    まじめさと仕事のパフォーマンスは比例しない。

    結論を言おう。努力はいらない。
    ラクして速く仕事をするほうが、結果が出て、
    さらに人生の選択肢も増える。

    この事実はごく一部の優秀なエリートしか知らない。

    ラクをするとは「手抜きをする」「適当にする」
    ということではない。力の「入れ所」と「抜き所」を押さえ、
    ムダな仕事を減らすことだ。

    この心がまえを持ち、日々の仕事にとり組めているかどうか。
    それが、リストラされた5万人と選抜された6000人の「差」だ。
    両者の対比から浮かび上がる
    「仕事に効く具体的なテクニック」を紹介しよう。
目次
1章 一発で決める(「長い1回」ではなく、「短い10回」をスピーディに
100点を目指すより、「60点の出来」で突っ込ませる ほか)
2章 スパッと割り切る(「やりたい仕事」は捨て、「勝てる仕事」に注力する
仕事は「緊急度」より、「成果が出る」を優先 ほか)
3章 抱え込まない(苦手な仕事より、得意な仕事を人に振る
どんなにイヤな仕事でも、まず「わかりました」と言う ほか)
4章 組織の「壁」を利用する(「壁」を壊すより、安全地帯として利用する
“表の組織図”にダマされずに、“裏の組織図”で本当のキーマンを見つける ほか)
5章 自分で「できる」ようになる(実力より先に、「できる人」という認知をつくる
実績を積み上げる前に、“虎の威”を借りる ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • ラクして速いが一番すごい
  • ラクして速いが一番すごい

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中