ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33

  • 一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33

ポイント倍率

一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33

  • 裴英洙/著 裴 英洙()
    医師・医学博士、MBA。ハイズ株式会社代表取締役社長。1972年奈良県生まれ

  • ページ数
    175p
  • ISBN
    978-4-478-10250-3
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • プレゼン前、試験前、出張前、結婚式前、試合前……絶対に風邪をひけない人へ。
    MBA医師が国際感染症予防法×医療統計データ×150本の最新論文で初めて明かした、医学的に正しい35の風邪ウィルス撃退法と最速回復法を1冊に網羅!

    風邪は、主にウイルスに感染することを原因とした病気です。
    風邪の原因となるウイルスは、200種類以上あります。
    「風邪」とは、1つのウイルスを原因とした特定の病気を指すのではなく、
    無数にあるウイルスの中の、いくつかが引き起こす症状の「総称」と言えるのです。

    そして、「風邪の治し方」は、正直、医者泣かせです。
    最先端の医学でも明確な原因のメカニズムは解明されておらず、
    風邪には、根治療法や特効薬がいまだに存在しません。
    どんな名医でも、風邪を予防・根治する100%完璧な方法を知らないのです。

    そこで本書では、現代医学で解明されている最大限の医学的知見や科学的知識を、
    一般の人が日常的に実践できるレベルの具体策に落とし込んで紹介します。
    現役の内科医、救急救命医、薬剤師などの知見と、医療統計データ、
    150近くの最新の研究論文や文献を総動員し、
    「風邪をひかないための予防策」と
    「できる限り早く風邪を治す方法」を紹介していきます。
目次
はじめに 絶対に風邪をひけないあなたへ
序章 一流の人は、なぜ風邪をひかないのか?
第1章 医者が教えてくれない「風邪の正体」
第2章 「超初期症状」で対処すれば風邪はひかない
第3章 「ひいてしまった…」正しい医者のかかり方と「あの治し方」のウソ
第4章 ぶり返さない・他人にうつさないためにやるべきこと

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

★風邪&インフルエンザ対策の決定版! ★

医者がやっている対策×医療統計データ×
最新研究論文&文献145本のエッセンスを1冊に網羅!


【絶対に風邪をひけない、こんな方へ】
「社内でインフルエンザが大流行。うつされないかとビクビク……」
「大事なプレゼンを控え、この1週間だけは何が何でも絶対に風邪をひけない! 」
「子どもが受験を控えてピリピリ……。親の私が風邪をひいたらシャレにならない! 」
「妊娠中で、『風邪に気をつけて』と言われるけど、どうすればいいの?」
「ちょっと風邪をひいたくらいじゃ、仕事を休めない……」
「子どもの頃から、大切なイベントの前に限って風邪をひく」
「毎日ピンピンしている人がうらやましい……」


【この対策で風邪をシャットアウトせよ! 】
・鼻呼吸とガムで「のど」を潤せ!
・「手洗い11回」と「マスク着用3原則」でリスク半減
・「この前兆」で対処すれば悪化しない
・トイレの「ジェットタオル」は使うな!
・新幹線と飛行機は「一番後ろの席」を選べ!
・症状鎮静を「2日」短縮する漢方薬のエビデンス……etc.


【あなたは、次のような「事実」をご存じですか?】
・「ビタミンC」の摂取は風邪予防に効果的でない
・病院に行っても風邪は治せない
・「うがい薬」は風邪の予防効果が望めない
・風邪に「抗生物質」は効かない
・他人にうつしても自分の風邪は治らない


【こんな「根拠のない言説」にダマされてはいけない】
「風邪をひいたくらいで会社を休むな」
「風邪は気合いで治せる」
「漢方は風邪に効かない」
「バカは風邪をひかない」
「酒は"アルコール消毒"だから風邪治療に効果的」

著者コメント

(著者より)
「毎日栄養バランスのとれた食事を摂りなさい」
「毎日8時間以上寝なさい」
「風邪になったら、回復するまで会社を休んで、1週間休養をとりなさい」
それが「正しい風邪対策」だとしても、
毎日を忙しく過ごす人にとっては、
あまりに非現実的な話ではないでしょうか。

「最先端の医療知識を、いかにわかりやすく一般の人々に役立つ形で提供できるか?」

私は、医療とビジネスに携わる人間として、強くその問題意識を持っています。
医療とは常に、現在の理論に基づいた推測と不確実性の中で、
それでも前に進んでいくことが必要な分野です。
エビデンス(医学的根拠)がそろうまでには時間がかかります。
しかし、それを待っていたら、「今を生きる人々」に不利益が生じる可能性があるのです。
そこで本書では、多くの人々の仕事や生活に即した実践的な内容を目指し、
現状で言える限りのエビデンスに基づいた具体策を中心に紹介すると同時に、
私自身が実践している方法や、
医者や専門家の方々によっては見解が分かれる内容も掲載しました。
どうか、その点をご理解いただき、お役立ていただければ幸いです。

作り手の思い

(担当編集より)
私自身が、昔から風邪をひきやすく、
年に5度ひいて毎回2日仕事を休んだり、
インフルエンザに年2回かかったり、
センター試験前日に風邪をひいて断念して背水の陣で本試験に臨んだりと、
風邪に悩まされ続け、多くの人に迷惑をかけ続けてきたため、
著者にすがりつくようにして生まれた本です。
しかし、この本の内容を実践してから、
去年は1度しか風邪をひくことなく、
その時も半日で速攻回復しました。

人間は、ほうっておくと一生のうちに平均200回風邪をひき、
生涯で丸1年間以上も風邪で寝込んでいると言われます。
「風邪をひかないこと」は、
究極のコスト削減・生産性向上に直結するのです。
米国では、風邪の外来治療費のほか、
ビジネスパーソンが風邪で欠勤したことによる経済損失と、
子どもが風邪をひいて看病のために欠勤したことによる損失を含めると、
実に年間225億ドルと推定され、実際に大きな社会損失になっています。

さらに、風邪は、あらゆる人を苦しめるのに、
「経験」や「感覚」で対処しがちな病気です。
医学的根拠を元にした対策を網羅した本書を「現代人の新常識」として、
風邪をひかない健康的な生活を送るために、
是非とも、使い倒してください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33
  • 一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中