ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦略参謀の仕事――プロフェッショナル人材になる79のアドバイス

  • 戦略参謀の仕事――プロフェッショナル人材になる79のアドバイス

戦略参謀の仕事――プロフェッショナル人材になる79のアドバイス

  • 稲田将人/著 稲田 将人
    株式会社RE‐Engineering Partners代表/経営コンサルタント。早稲田大学大学院理工学研究科修了。豊田自動織機製作所より企業派遣で米国コロンビア大学大学院コンピューターサイエンス科にて修士号取得後、マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。マッキンゼー退職後は、企業側の依頼にもとづき、大手企業の代表取締役、役員、事業・営業責任者として売上V字回復、収益性強化などの企業改革を行う。2008年8月にRE‐Engineering Partnersを設立

  • ページ数
    431p
  • ISBN
    978-4-478-02970-1
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 真のプロフェッショナルを目指す、すべてのビジネスパーソンへ!トヨタの実践力、マッキンゼーの戦略プランニング力を身につけた企業改革請負人が、次代のビジネスパーソンにおくる骨太なアドバイス。

    参謀役は経営トップへの登竜門!

    企業に不可欠な真のプロフェッショナル人材になるために必要なマインドとスキル、行動原則とは何か?

    「火中の栗」は、自ら拾え。
    その苦労は必ず報われる。

    トヨタの実践力、マッキンゼーの戦略プランニング力を身につけた企業改革請負人が、 次代のビジネスパーソンにおくる骨太な79のアドバイス。

    ビジネスや経営に興味のあるビジネスパーソンにとって、自らの腕を手っ取り早く磨く方法とは、今の会社や現場において経営トップの課題の一部を代行する「参謀役」として動き、働くこと。

    ◎「思惑」の蔓延が放置された企業は、ゆるやかに確実に衰退する
    ◎「PDCAが廻っていない」は、マネジメントができていないのと同じ
    ◎上手に見える化するだけで、ほとんどの課題は解決する
    ◎「戦略」は、事業を理解している当事者が自ら策定すべきもの
    ◎参謀役は嫌われ者や利己主義者には務まらない
    など、骨太のアドバイスが満載。
目次
はじめに
なぜ、参謀役は経営トップへの登竜門
第1章 企業における参謀とは、どういう存在か
第2章 なぜ、参謀機能が必要になるのか?
第3章 参謀の基本姿勢とマインドセット
第4章 戦略とは何か
第5章 問題解決の基本は、MECE×ロジックツリー+仮説思考
第6章 必修の経営知識と実践知
第7章 組織のPDCAを正しく起動し、事業運営力を磨き続ける
第8章 人間の「業」に対処する

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 戦略参謀の仕事――プロフェッショナル人材になる79のアドバイス
  • 戦略参謀の仕事――プロフェッショナル人材になる79のアドバイス

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中