ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 和食のこころ 菊乃井・村田吉弘の〈和食世界遺産〉

  • 和食のこころ 菊乃井・村田吉弘の〈和食世界遺産〉

和食のこころ 菊乃井・村田吉弘の〈和食世界遺産〉

  • 村田吉弘/著 村田 吉弘
    1951年生まれ。料亭「菊乃井」三代目主人。立命館大学在学中にフランス料理修業のため渡仏。大学卒業後、日本料理の道に入り、現在、本店と木屋町の「露庵菊乃井」、東京赤坂店の三店舗を統括し、2018年にお弁当と甘味を供する「無碍山房」をオープン。日本料理アカデミー理事長ほか数々の要職を歴任し、「和食」のユネスコ無形文化遺産登録に尽力。和食を日本文化の重要な一つと考え、世界に発信するとともに、後世に伝え継ぐことをライフワークと考える。2012年「現代の名工」「京都府産業功労者」、2013年「京都府文化功労者」、2014年「地域文化文化功労者(芸術文化)」、2017年「文化庁長官表彰」を受賞、2018年「黄綬褒章」を受賞。医療機関や学校での講師として、”食の弱者”という問題を提起し解決策を図る食育活動にも取り組む

  • ページ数
    188p
  • ISBN
    978-4-418-18330-2
  • 発売日
    2018年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 軽妙洒脱な語り口で「和食文化」を網羅。

    和食が世界遺産になったけれど、和食文化っ
    てなんだろう? 和食のレジェンド、村田吉
    弘氏の楽しくて役に立つエッセイが答えてく
    れます。一読すれば、普段何気なく食べている
    料理の持つ奥深さに驚かされます。
  • ※発売日が変更になりました
    10月10日→10月15日
目次
お赤飯
初午
お雛さん
お彼岸
日本料理の要、だしと調味料
花見
粽と柏餅
青梅
京都人の好きなもの
祇園祭〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

家庭画報、2016年~17年の人気連載を基にした本書は、歴史、花鳥風月といった美意識、行事も含めた「和食文化」を伝えるユニークなエッセイ集。美しい料理写真も多数掲載され、レシピも付いています。著者は京都の料亭・菊乃井主人、村田吉弘氏。幅広いファンを持つ大人気の料理人です。2013年「和食・日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。村田氏はその推進に力を注いだ一人でもあります。軽妙な語り口、わかりやすい解説でこの一冊で和食文化のおもしろさ、奥深さそしてすべてがわかります。レシピつき。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 和食のこころ 菊乃井・村田吉弘の〈和食世界遺産〉
  • 和食のこころ 菊乃井・村田吉弘の〈和食世界遺産〉

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中