ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「365日」の考えるパン

  • 「365日」の考えるパン

「365日」の考えるパン

  • 杉窪章匡/著 杉窪 章匡
    「365日」「15℃」オーナーシェフ。1972年生まれ。石川県の輪島塗り職人の家系に育ち、辻調理師専門学校卒業後、パティシエとしてキャリアを積んだのち、2000年に渡仏し修業。帰国後、人気ブーランジュリのシェフとなり、パン職人に。2013年に独立してウルトラキッチン(株)を立ち上げ、愛知、福岡、神奈川でプロデュース店を手がけた後、東京・代々木公園に自身の店「365日」を開業。2016年、「15℃」をオープン。この間に、全国の生産者と一緒に日本の小麦を活性化させるプロジェクト、「新麦コレクション」もスタートさせる

  • ISBN
    978-4-418-17336-5
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 代々木公園の大人気パン屋さん「365日」のパンはどうしておいしいんだろう?常識を覆す、つくり方の理由を初公開。
目次
1 考えて生まれた「365日」のつくり方(「365日」はリノベーション
おいしさのマトリックス
国産の小麦粉でつくるパン ほか)
2 「365日」の名物パン(北海道×食ぱん
福岡×食ぱん
365×食ぱん ほか)
3 これまで、これからも(「365日」は総合食料品店
カフェ「15℃」
プロデューサーとしての仕事 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

【編集部からのコメント】
東京・代々木公園にある「365日」は、いつ訪れても多くのお客さんであふれている、
大人気のパン屋さん。
杉窪シェフの作るオリジナリティあふれるパンが大きな魅力で、
一度見たら忘れられないかわいい形やデザインに加え、
初めて食べる味わい、食感、香りにあっという間に引き込まれます。

国産小麦のみならず、無添加・無農薬にもこだわり、
顔の見える日本の生産者の食材を使用し、
ベーコンやあんこなど加工品はすべて手作りというこだわり。

本書では「365日」はどうしてこんなにおいしいんだろう?という疑問を投げかけて、
杉窪シェフに答えてもらった一冊。
商品がどのように生まれたか、発想の原点やその作り方を紹介しながら、
表現したい味にするためにパンの作り方の理論を紐解き、
ひとつのパンごとに、配合はもちろんオーダーメイドで作り方を考える、
杉窪シェフの縦横無尽の発想に迫ります。

「おいしいものを作る理論は自分でゼロから作る」というシェフの
新しいパンの作り方を知る手がかりとして
家庭向けに「365日」の食パン、そしてくるみパンの作り方を教わりました。
「こねない」うえに「ベンチタイムがない」などないない尽くしにも関わらず、
出来上がったパンはとびきりおいしい。

特別な機械や道具は必要ありません。
食パンはパウンド型で焼くので、パン作りの初心者の方でもきっと作れます。
パン作りは時間がかかる、手でこねるのは大変、という今までのパン作りの概念が変わる、必見レシピです。

また、杉窪シェフのこだわりや、お店や商品にこめられた秘密、
カフェ作りやプロデューサーとしての仕事まで、
「365日」のファン以外にも楽しめる一冊です。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「365日」の考えるパン
  • 「365日」の考えるパン

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中