ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 保育における「行事」 毎日の保育から生まれる負担にならない行事実践

  • 保育における「行事」 毎日の保育から生まれる負担にならない行事実践

保育における「行事」 毎日の保育から生まれる負担にならない行事実践

  • 藤森平司/著 藤森 平司
    1949年東京都生まれ。大学では建築学を学び、その後資格を得て小学校教諭として小学校勤務。1979年、建築学と小学校教員の経験をもとに東京都八王子市に省我保育園を開園。1997年、多摩ニュータウン(八王子市)にせいがの森保育園(子育て支援センターわくわく併設)を開園。2007年、これからの時代の質の高い保育の実践を目指し、新宿せいが保育園を開園。全国からの見学・研修を受け入れつつ保育環境研究所ギビングツリーによる講習会、インターネットブログ「臥竜塾」などを通して、「見守る保育」の啓発活動を積極的に行っている。現在、新宿せいが保育園園長・保育環境研究所ギビングツリー代表

  • シリーズ名
    PriPriブックス 見守る保育 3
  • ページ数
    127p
  • ISBN
    978-4-418-16806-4
  • 発売日
    2016年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日々の保育の中で、行事が負担になっていませんか? この本では、行事の本来の意味を洗い直し、負担にならず、保育が生き生きとしてくる楽しい行事の実践方法を紹介しています。
目次
第1章 保育における行事の意味(4~7月の行事
8~11月の行事
12~3月の行事
入園式(慣らし保育)、入園・進級を祝う会
保護者会 ほか)
第2章 テーマで検証 行事実践(タイプ別重点検証(おたのしみ会
運動会
父親保育
夕涼み会
親子遠足
成長展))

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 教員

作り手の思い

【編集部からのコメント】
大きな目で問題をとらえなおしたら、すっと道が開けて見える。保育の中の行事を進めていく上での道しるべのような1冊です。

ページの先頭へ

閉じる

  • 保育における「行事」 毎日の保育から生まれる負担にならない行事実践
  • 保育における「行事」 毎日の保育から生まれる負担にならない行事実践

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中