ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • グラン・シャレの美学 言の葉づくし

  • グラン・シャレの美学 言の葉づくし

ポイント倍率

グラン・シャレの美学 言の葉づくし

  • 節子・クロソフスカ・ド・ローラ/著 クロソフスカ・ド・ローラ,節子
    画家、随筆家、ユネスコ「平和のアーティスト」、バルテュス財団名誉会長。東京生まれ、旧姓名、出田節子。1962年、上智大学フランス語科在学中に初来日中の画家バルテュスと出会い、67年、結婚。ローマにあるアカデミー・ド・フランス“メヂチ館”に暮らす。77年、バルテュスの館長退任に伴いスイス・ロシニエールに移住。1754年建設のスイス最大の木造建造物“グラン・シャレ”に暮らし、現在に至る

  • ISBN
    978-4-418-14503-4
  • 発売日
    2014年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 孤高の画家バルテュスと美の神に仕えたひとりのアーティスト節子夫人、そのみずみずしい心の軌跡を辿る最新随筆集。スイスの山荘グラン・シャレから美しき日本への想いを綴る。
目次
第1章 私の暮らし―バルテュスとの出会い、永の別れ
第2章 家族のこと
第3章 言の葉
第4章 仕事ことごと
第5章 女性が生きる刻
第6章 日本への想い

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

スイスに拠点をおき和の文化大使としてヨーロッパでも有名な著者は、巨匠バルテュス夫人として、また自身もユネスコ平和の芸術家・画家として活躍。和と欧州を融合させたその美しい暮らしは多くの婦人誌に紹介されるや一躍日本女性の憧れの的となりました。本書は節子夫人が、多忙な芸術活動の折節にさまざまな思索を綴った「言の葉」(エッセイ)集です。そこには今まで語られなかった大胆で正直な生きかた、国際的な人間交流、日本人として生きることの感性、これからの女性のありかたなど多岐にわたります。書名の「グラン・シャレ」とは故バルテュスと暮らした最後の家。また、2014年は日本で最大規模となるバルテュス展(東京4月?と京都7月?)が予定されており、著者節子さんが世界中の美術館、個人コレクターに交渉、バルテュスのアトリエの再現なども尽力。見逃せない大回顧展となることでしょう。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • グラン・シャレの美学 言の葉づくし
  • グラン・シャレの美学 言の葉づくし

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中