ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 遠隔心理支援スキルガイド どこへでもつながる援助

  • 遠隔心理支援スキルガイド どこへでもつながる援助

遠隔心理支援スキルガイド どこへでもつながる援助

  • 前田正治/編著 桃井真帆/編著 竹林由武/編著 前田 正治
    1984年、久留米大学医学部卒業。同大准教授を経て、2013年より現職。専攻は災害精神医学、精神医学的リハビリテーション。ガルーダ航空機墜落事故(1996年)、えひめ丸米原潜沈没事故(2001年)等で被災者の精神保健調査・支援の責任者を務め、現在は福島において、県民健康管理センターやふくしま心のケアセンター活動に従事している。日本トラウマティック・ストレス学会会長を2010年から3年間務めた。著書多数。現在:福島県立医科大学医学部災害こころの医学講座主任教授、同大学放射線医学県民健康管理センター健康調査・県民支援部門長、ふくしま心のケアセンター副所長

    桃井 真帆
    福島大学大学院教育学研究科修了後、福島県立医科大学附属病院神経精神科、財団法人金森和心会雲雀ケ丘病院に臨床心理士として勤務。2001年より福島学院大学福祉学部福祉心理学科、同大学院臨床心理学研究科にて、臨床心理士・精神保健福祉士等の養成に携わる。また、附属の心理臨床相談センターで臨床心理士としてカウンセリング業務にあたる。2015年4月より現職。現在:福島県立医科大学放射線医学県民健康管理センター特命准教授、同大学こころの健康度・生活習慣支援室副室長、臨床心理士、公認心理師、精神保健福祉士

    竹林 由武
    2014年、広島大学大学院総合科学研究科修了。日本学術振興会特別研究員、統計数理研究所リスク解析戦略研究センター特任助教を経て2016年より現職。自殺の時空間疫学、心理療法の有効性評価、患者報告式アウトカム尺度などを専門とし、地域の自殺予防ゲートキーパー講習やメンタルヘルス研修の講師を多数務めている。著書多数。現在:福島県立医科大学医学部健康リスクコミュニケーション学講座助教、国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター客員研究員、臨床心理士、公認心理師

  • ページ数
    176p
  • ISBN
    978-4-414-41673-2
  • 発売日
    2020年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

2,000 (税込:2,200

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 新型コロナウイルス感染症の流行により、対面での心理支援が大きく制限されているなか、物理的距離があっても可能として注目を集めているのが遠隔心理支援である。これは、東日本大震災および福島第一原発事故時、全国へ避難した被災者への心理的援助として行われてきている。その中心となって支援を続けている編者らが緊急出版として、電子書籍『アウトリーチ型電話支援の試み:新型コロナウイルス流行下でのテレカウンセリング』『遠隔心理支援:物理的距離を越えてケアを継続するヒント』を刊行。本書はこの2冊を合冊した紙媒体書籍である。コロナ禍が治まらないなか、支援者がどうクライエントに向き合いケアを行えるか、海外のガイドライン等も示しつつ、遠隔支援という新たなセラピーのあり方を紹介する。
目次
刊行に寄せて [前田正治」

PartI アウトリーチ型の電話による心理支援 
第1章 はじめに [前田正治]

第2章 アウトリーチ型電話支援の有効性――受電型との比較から [前田正治]
 コラム1 いのちの電話 [竹林由武]
 コラム2 ハイリスク・アプローチ [前田正治]
 コラム3 アウトリーチ [前田正治

第3章 まず準備すべきこと [佐藤秀樹・前田正治]

第4章 初回のアプローチ――クライエントとの関係づくり [桃井真帆]
 コラム4 架電支援とコールバック [桃井真帆]

第5章 メンタルヘルスの評価 [前田正治]
 コラム5 信頼性のある質問紙や構造化面接法 [前田正治]
 コラム6 うつ病 [前田正治]
 コラム7 自殺 [前田正治]
 コラム8 PTSD [前田正治]
 コラム9 悲嘆反応 [瀬藤乃理子]

第6章 必要とされる技法や態度――傾聴と支持,助言 [桃井真帆・前田正治]
 コラム10 認知行動療法的なアプローチ [桃井真帆]
 コラム11 「音」では伝わりにくい言葉は言い換える [桃井真帆]
 コラム12 メタメッセージ [前田正治]
 コラム13 自己効力感 [前田正治]

第7章 リファー(他機関への紹介)の技術 [及川祐一・桃井真帆]

第8章 危機時の介入 [前田正治]
 コラム14 さまざまな危機支援 [前田正治]
 コラム15 心理教育 [前田正治]

第9章 電話支援の終結へ向けて [桃井真帆]

第10章 電話支援者に対するトレーニングやケア [後藤紗織・前田正治]
 コラム16 支援者特有のストレス [前田正治]

第11章 東日本大震災後の架電型(アウトリーチ型)電話支援の試み [堀越直子・及川祐一・前田正治]
 コラム17 あいまいな喪失 [瀬藤乃理子・前田正治]
 コラム18 スティグマ [小林智之]
 コラム19 リスク・コミュニケーションとは [村上道夫]

PartII インターネットを用いた心理支援
ほか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

新型コロナウイルス感染症の流行により、対面での心理支援が大きく制限されているなか、物理的距離があっても可能として注目を集めているのが遠隔心理支援である。これは、東日本大震災および福島第一原発事故時、全国へ避難した被災者への心理的援助として行われてきている。その中心となって支援を続けている編者らが緊急出版として、電子書籍『アウトリーチ型電話支援の試み:新型コロナウイルス流行下でのテレカウンセリング』『遠隔心理支援:物理的距離を越えてケアを継続するヒント』を刊行。
本書はこの2冊を合冊した紙媒体書籍である。コロナ禍が治まらないなか、支援者がどうクライエントに向き合いケアを行えるか、海外のガイドライン等も示しつつ、遠隔支援という新たなセラピーのあり方を紹介する。

ページの先頭へ

閉じる

  • 遠隔心理支援スキルガイド どこへでもつながる援助
  • 遠隔心理支援スキルガイド どこへでもつながる援助

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中