ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 臨床家の感性を磨く 関係をみるということ

  • 臨床家の感性を磨く 関係をみるということ

臨床家の感性を磨く 関係をみるということ

  • 小林隆児/著 小林 隆児
    1949年鳥取県米子市に生まれる。1975年九州大学医学部卒業。福岡大学医学部精神医学教室入局。1985年福岡大学医学部精神科講師。1988年大分大学教育学部助教授。1994年東海大学教授(健康科学部設置準備室)。1995年東海大学教授(健康科学部社会福祉学科)。1999年東海大学大学院健康科学研究科主任教授。2002年東海大学大学院健康科学研究科委員長。2008年大正大学人間学部臨床心理学科教授を経て、2012年より、西南学院大学人間科学部社会福祉学科教授。2016年より、同大学大学院人間科学研究科臨床心理学専攻教授兼任。児童精神科医、医学博士、臨床心理士、日本乳幼児医学・心理学会理事長

  • ページ数
    181p
  • ISBN
    978-4-414-41632-9
  • 発売日
    2017年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 著者は長年、患者の幼少期における養育者との関係を、面接の場での患者―治療者関係から捉え、焦点化するという関係発達臨床を提唱してきた。
    しかし、症状や行動と違い目にみえず数値化もできない関係というものを、主観的な独断に陥らず捉えるにはどうしたらよいのだろうか。
    大学院で臨床家を育成するなかで、関係を捉え損なう原因とその克服法がみえてきた。
    本書はその道筋を示すものである。
目次
第1章 こころの病の成り立ちと治療を考える(こころはどのようにして育まれるか―「ヒト」から「人」へ
こころの病はどのようにして生じるか ほか)
第2章 なぜ臨床家は感性を磨く必要があるのか(なぜ今改めて感性を考えようとするのか
「関係をみる」ことによって関係病理を捉える ほか)
第3章 なぜ感性を働かせることは難しいのか―感性教育を実施してわかったこと(感性教育の試み
対話の過程から明らかになったこと ほか)
第4章 なぜ「アタッチメント」ではなく「甘え」なのか―感性教育の実際(実際の対話の過程
対話の過程からみえてきたもの ほか)
第5章 感性を磨く(感性と理性のあいだ
感性の働きを阻むもの ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

著者は、乳幼児期の母子臨床から生み出した関係発達臨床の長年の蓄積から、広く一般の患者と治療者の「関係をみる」ことの重要性にも気づいた。
しかし、症状や行動と違い目にみえず数値化もできない関係というものを、主観的な独断に陥らずに捉えるにはどうしたらよいのだろうか。
大学院で臨床家を育成するなかで、関係を捉え損なう理由とその克服法がみえてきた。
本書はその道筋を示すものである。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 臨床家の感性を磨く 関係をみるということ
  • 臨床家の感性を磨く 関係をみるということ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中