ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 栄養と味、9割も損してる!残念な料理
  • 栄養と味、9割も損してる!残念な料理

  • 栄養と味、9割も損してる!残念な料理
  • 栄養と味、9割も損してる!残念な料理

ポイント倍率

栄養と味、9割も損してる!残念な料理

  • シリーズ名
    青春新書PLAY BOOKS P-1123
  • ISBN
    978-4-413-21123-9
  • 発売日
    2018年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 玉ネギを水にさらす、ブロッコリーを強火でゆでる、ポテサラを冷蔵庫で冷やす…それ、台無しです。“料理の常識”は間違いだらけ。

    普段、ごく普通に作っている料理。
    じつは調理の仕方が大間違いだったり、微妙に違っていたりで、その結果、味そのものがガクッと落ち、栄養も大幅に抜け落ちていたとしたら……。
    こんな「残念な料理」など、誰も作りたくないし、食べたくない。しかし、実際には非常によくあることなのだ。
    ひき肉を手でしっかりこねる。鶏肉をたれにじっくり漬けて、から揚げにする。アサリは塩水、シジミは真水で塩抜きする。
    魚の煮つけは味が染み込むようによく煮込む。しゃぶしゃぶを熱湯で手早くゆでる。
    カロリーを落とすため、衣を少なめにしてエビフライを揚げる。白菜を外側の葉から食べる……。
    こうした料理の仕方では、どれも残念な結果を招いてしまう。
    本書では、日ごろ間違いがちな料理の仕方に注目。
    素材の選び方から保存の仕方、切り方、煮方、焼き方、炒め方、味のつけ方まで、幅広い方向よりアプローチし、
    誤っている理由と正しい方法を解説した。
    この一冊を読めば、もう「残念な料理」が食卓にのぼることはなくなることだろう。
目次
野菜の栄養も味も落ちる下ごしらえ
肉と魚がまずくなる下ごしらえ
無駄で効果なしの煮方・温め方
栄養も風味も失うゆで方
ああカン違いな炒め方・揚げ方
がっかりな仕上がりになる焼き方
間違いだらけの味のつけ方
残念な結果を招く食べ方
素材が台無しになる切り方
劣化が早くなる保存の仕方
大失敗する買い方・選び方

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中