ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 心が疲れたらお粥を食べなさい 豊かに食べ、丁寧に生きる禅の教え

  • 心が疲れたらお粥を食べなさい 豊かに食べ、丁寧に生きる禅の教え

心が疲れたらお粥を食べなさい 豊かに食べ、丁寧に生きる禅の教え

  • 吉村昇洋/著 吉村 昇洋
    1977年3月広島県生まれ。曹洞宗八屋山普門寺副住職、臨床心理士、相愛大学非常勤講師。駒澤大学大学院人文科学研究科仏教学専攻修士課程修了(仏教学修士)。広島国際大学大学院総合人間科学研究科実践臨床心理学専攻専門職学位課程修了(臨床心理修士)。曹洞宗大本山永平寺にて2年2ヶ月間の修行生活を送り、乞暇後、永平寺史料全書編纂室を経て、広島の自坊に戻る。2005年11月より、虚空山彼岸寺にて精進料理のコンテンツ「禅僧の台所~オトナの精進料理~」を展開し、人気を博す

  • ISBN
    978-4-344-02625-4
  • 発売日
    2014年09月

1,300 (税込:1,404

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 永平寺のお坊さんはなぜ、毎朝お粥を食べるのか?それは素朴なお粥が“身体
目次
第1章 食べる(毎朝の変わらないお粥から“私”の在り方が見えてきます。
粥には、身体を整えるありがたい力があるのです。 ほか)
第2章 作る(料理する人のことを知れば、食べる心も変わります。
料理ができなかった修行僧も、永平寺でどんどん上手くなっていきました。 ほか)
第3章 片付ける(調理の合間に洗い物を片付けてしまいます。
丁寧さに己が出ます。 ほか)
第4章 生きる(自分とは、なんでも食べる傲慢な存在なのです。修行生活の最初は“食べたい”欲望が溢れ出ました。 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

永平寺のお坊さんはなぜ、毎朝お粥を食べるのか?それは素朴なお粥が“身体

ページの先頭へ

閉じる

  • 心が疲れたらお粥を食べなさい 豊かに食べ、丁寧に生きる禅の教え
  • 心が疲れたらお粥を食べなさい 豊かに食べ、丁寧に生きる禅の教え

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中