ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 批評について 芸術批評の哲学

  • 批評について 芸術批評の哲学

批評について 芸術批評の哲学

  • ノエル・キャロル/著 森功次/訳 キャロル,ノエル(Carroll,No¨el)
    ニューヨーク市立大学大学院センター、哲学プログラム卓越教授。元アメリカ美学会会長

    森 功次
    1981年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学(2015年博士号(文学)取得)。東京大学教務補佐員/山形大学学術研究員。慶應義塾大学、桜美林大学、文星芸術大学非常勤講師

  • ページ数
    274,12p
  • ISBN
    978-4-326-85193-5
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,500 (税込:3,780

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 批評とは、理由にもとづいた価値づけ(reasoned evaluation)である!恣意的な深読みはなぜ悪いのか。作者の意図は批評にどう関わるのか。客観的な批評を行うにはどのような作業が必要なのか。分析美学の泰斗であり映像批評家としても活訳する著者が送る、最先端の批評の哲学。
目次
第1章 価値づけとしての批評(導入
価値づけからの撤退 ほか)
第2章 批評の対象(導入
成功価値vs受容価値 ほか)
第3章 批評の諸部分(ひとつを除く)―批評はいかなる作業によって成り立っているのか(導入
記述 ほか)
第4章 価値づけ―問題と展望(導入
でもそれって主観的なものですよね ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:ON CRITICISM
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

恣意的な深読みはなぜ悪いのか。作者の意図は批評にどう関わるのか。客観的な批評を行うにはどのような作業が必要なのか。
分析美学の泰斗であり映像批評家としても活躍する著者が、批評をめぐるさまざまな論争を解きほぐしながら批評の本質をつきとめていく。
批評の哲学の最前線から突きつける、挑戦的な批評論。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 批評について 芸術批評の哲学
  • 批評について 芸術批評の哲学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中