ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 教師の「専門家共同体」の形成と展開 アメリカ学校改革研究の系譜

  • 教師の「専門家共同体」の形成と展開 アメリカ学校改革研究の系譜

教師の「専門家共同体」の形成と展開 アメリカ学校改革研究の系譜

  • ページ数
    445,26p
  • ISBN
    978-4-326-25123-0
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

7,200 (税込:7,776

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アメリカにおいて、専門家としての教師の共同体はどのように形成・展開されてきたのか。学校改革研究のひとつの系譜として描き出す。
目次
序 刊行に寄せて[佐藤 学]
はしがき
図番号一覧
表番号一覧

序 章 研究の主題と方法

第I部 「ランド・変革の担い手研究」を起点とする学校改革研究の形成
 第一章 M・マクロフリンらによる「ランド・変革の担い手研究」の展開
 第二章 ランドの学校改革研究─R・エルモアとM・マクロフリンを中心に

第II部 教師の「同僚性」の形成と展開
 第三章 教師の「同僚性」の形成と展開
 第四章 教師の「同僚性」の概念をめぐるオーストラリア教育学会誌上論争の検討

第III部 教師の「専門家共同体」の形成と展開
 第五章 M・マクロフリンの研究の系譜における「専門家共同体」の形成と展開
 第六章 M・マクロフリンの研究の系譜における「専門家共同体」の定式化

第IV部 教師の「専門家共同体」の新展開
 第七章 教師の「専門家共同体」の波及─M・マクロフリンとJ・タルバートによる研究の展開
 第八章 J・リトルの研究の系譜における「専門家共同体」の展開
 第九章 教師の「専門家共同体」の新たな展開─スタンフォード大学の研究の系譜

終 章 学校改革の「現場の声を聴き現場から学ぶ」ことへ

あとがき
参考文献
初出一覧
事項索引
人名索引

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

教師の成長にかかわる「同僚性」とは、いかに形づくられるのか。
また、教師が専門家としての学習共同体と自律性を構築することの意義とは何か。
その多様な研究の展開を精緻に分析し、アメリカの学校改革研究の理論と歴史を解明する。
日本でも教師の専門性に関する研究が進むが、学校改革と現職研修の改革に対しても示唆を与える一冊。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 教師の「専門家共同体」の形成と展開 アメリカ学校改革研究の系譜
  • 教師の「専門家共同体」の形成と展開 アメリカ学校改革研究の系譜

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中