ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 計算科学講座 7(第2部計算科学の展開) ゲノム系計算科学 バイオインフォマティクスを越え,ゲノムの実像に迫るアプローチ

  • 計算科学講座 7(第2部計算科学の展開) ゲノム系計算科学 バイオインフォマティクスを越え,ゲノムの実像に迫るアプローチ

計算科学講座 7(第2部計算科学の展開) ゲノム系計算科学 バイオインフォマティクスを越え,ゲノムの実像に迫るアプローチ

  • 金田行雄/監修 笹井理生/監修 金田 行雄
    1976年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。現在、名古屋大学名誉教授・理学博士、愛知工業大学基礎教育センター教授。専門は流体力学

    笹井 理生
    1985年京都大学大学院理学研究科博士後期課程単位取得満期退学。現在、名古屋大学大学院工学研究科教授・理学博士。専門は理論生物物理学

    美宅 成樹
    1976年東京大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学。現在、名古屋大学大学院工学研究科教授・理学博士。専門は生物物理学、計算生物学、ソフトマター物理学

  • 巻の書名
    ゲノム系計算科学 バイオインフォマティクスを越え,ゲノムの実像に迫るアプローチ
  • 巻の著者名
    美宅成樹/編
  • ISBN
    978-4-320-12272-7
  • 発売日
    2013年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,180

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • これまでゲノム関係のバイオインフォマティクスの書籍は多く出版されているが,「ゲノムは全体として何を書きこんでいるのか?」という疑問に対する考察は十分なされてこなかった。生物の設計図であるゲノムには情報的側面と物理的側面の2つの面があるのだが,今までは情報的側面に注目しすぎていたからである。本書では,ゲノムには物理的実体があるということに注目し,配列の物性分布の解析を中心として解説をしている。これまで類書はなく,ゲノム情報解析に関する世界的に見ても非常に独創的な書籍となっている。
目次
第1章 ゲノム系計算科学とは?
第2章 進化の大事件を考える
第3章 生物の多様性を生み出す遺伝子変異
第4章 膜タンパク質の分類・予測
第5章 電荷28残基周期性の謎
第6章 活性部位の量子力学計算
第7章 生体分子のつくるシステム
第8章 生物に対する誤解のまとめ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 計算科学講座 7(第2部計算科学の展開) ゲノム系計算科学 バイオインフォマティクスを越え,ゲノムの実像に迫るアプローチ
  • 計算科学講座 7(第2部計算科学の展開) ゲノム系計算科学 バイオインフォマティクスを越え,ゲノムの実像に迫るアプローチ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中