ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 計算科学講座 5(第2部計算科学の展開) 乱流の計算科学 乱流解明のツールとしての大規模数値シミュレーション

  • 計算科学講座 5(第2部計算科学の展開) 乱流の計算科学 乱流解明のツールとしての大規模数値シミュレーション

計算科学講座 5(第2部計算科学の展開) 乱流の計算科学 乱流解明のツールとしての大規模数値シミュレーション

  • 金田行雄/監修 笹井理生/監修 金田 行雄
    1976年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。現在、名古屋大学名誉教授・理学博士。愛知工業大学基礎教育センター教授。専門は流体力学

    笹井 理生
    1985年京都大学大学院理学研究科博士後期課程単位取得満期退学。現在、名古屋大学大学院工学研究科教授・理学博士。専門は理論生物物理学

  • 巻の書名
    乱流の計算科学 乱流解明のツールとしての大規模数値シミュレーション
  • 巻の著者名
    金田行雄/編
  • ISBN
    978-4-320-12270-3
  • 発売日
    2012年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,180

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書では,近年の計算機性能の著しい進展を背景とする乱流の計算科学の基礎について解説する。本書は乱流の法則性の解明や数値解析に関心のある研究者,技術者に概観と展望を与える専門書として,また乱流に興味を持つ学生,異分野の研究者にとっての解説書となるように企図されたものである。
目次
第1章 はじめに(乱流とはなにか
乱流の計算科学
流体力学の基礎方程式
乱流の統計)
第2章 乱流の計算手法(差分法
スペクトル法)
第3章 カノニカル乱流の計算科学(一様等方性乱流
壁乱流
さまざまな外力下での乱流)
第4章 情報の縮約、乱流モデル(ラージ・エディ・シミュレーション
ウェーブレット解析を応用した乱流シミュレーション)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 計算科学講座 5(第2部計算科学の展開) 乱流の計算科学 乱流解明のツールとしての大規模数値シミュレーション
  • 計算科学講座 5(第2部計算科学の展開) 乱流の計算科学 乱流解明のツールとしての大規模数値シミュレーション

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中