ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ランダムウォークはじめの一歩 自然現象の解析を見すえて

  • ランダムウォークはじめの一歩 自然現象の解析を見すえて

ランダムウォークはじめの一歩 自然現象の解析を見すえて

  • ページ数
    178p
  • ISBN
    978-4-320-11324-4
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,900 (税込:3,132

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ランダムウォークは,一見不規則ではあるが,次の位置が確率的に,なおかつランダムに決定される運動である。その理論は今やよく知られており,また物理学,化学,経済学,生物学を始め,多くの分野において有益なアプローチを与えている。
    本書は,ブラウン運動を拡張した異常拡散の理論の発展に古くから貢献してきた著名な研究者であり,異常拡散についての一般向けの解説記事も執筆しているKlafterとSokolovによる著書の邦訳である。ランダムウォークを用いた自然現象の解析を念頭に置き,確率論の基礎から丁寧に解説し,異常拡散を示す確率モデルの理論を,連続時間ランダムウォークのエイジングやエルゴード性の破れといった最近の結果までを網羅しながら解説している。
    [原著名:First Steps in Random Walks: From Tools to Applications]
目次
第1章 特性関数
第2章 母関数とその応用
第3章 連続時間ランダムウォーク
第4章 連続時間ランダムウォークとエイジング現象
第5章 マスター方程式
第6章 遅い拡散に対する非整数階拡散方程式とフォッカー‐プランク方程式
第7章 レヴィフライト
第8章 待ち時間とジャンプが相関を持った連続時間ランダムウォークとレヴィウォーク
第9章 単純な反応:A+B→B
第10章 パーコレーション構造上でのランダムウォーク

商品詳細情報

サイズ 22cm
原題 原タイトル:First Steps in Random Walks
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • ランダムウォークはじめの一歩 自然現象の解析を見すえて
  • ランダムウォークはじめの一歩 自然現象の解析を見すえて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中