ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 思考ツールとしての数学

  • 思考ツールとしての数学

思考ツールとしての数学

  • 川添充/著 岡本真彦/著 川添 充
    現在、大阪府立大学高等教育推進機構教授。博士(理学)

    岡本 真彦
    現在、大阪府立大学人文科学系教授。博士(心理学)

  • ISBN
    978-4-320-11030-4
  • 発売日
    2012年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書では,数学の用語をできるだけ身近なことばに直して説明し,考え方や解き方も,数学が得意ではない人でもわかるような記述になるよう工夫した。読者として想定しているのは,高校で文系コースに所属していた方や理系コースではあったけれど数学が少し難しかったという方,あるいは,社会人として活躍しているのだけれども数学の必要性を感じて数学をもう一度学び直してみようという方である。高校の数学II・Bから数学III・C,そして大学で理系の学生が習う線形代数や微積分学の入門的な学習内容の中から,特に現実場面を思考するためのツールとして役立つ数学の内容を取り上げて解説している。
目次
第1章 文字と式、グラフ
第2章 数列
第3章 ベクトルと行列
第4章 関数
第5章 確率
第6章 推移行列と固有ベクトル
第7章 微分
第8章 積分
第9章 多変数関数

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 思考ツールとしての数学
  • 思考ツールとしての数学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中