ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 機械系の振動学

  • 機械系の振動学

機械系の振動学

  • 山川宏/著 山川 宏
    1975年早稲田大学大学院理工学研究科博士課程修了。1976年早稲田大学理工学部専任講師(工学博士)。1982年~1983年米国スタンフォード大学、アリゾナ大学客員研究員。1983年~現在、早稲田大学理工学部(現・早稲田大学理工学術院)教授。専門は機械力学、振動工学、構造力学、最適設計

  • ISBN
    978-4-320-08197-0
  • 発売日
    2014年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は,機械系を対象とした場合に想定される振動現象に特に焦点を当てて解説した教科書である。
     機械系で生じる振動の原因の多くは,機械系に含まれる回転要素にある。よって本書の特徴の1つとして,この回転体の運動とそれによって生ずる振動を扱っていることが挙げられる。
     本書の第1編では,振動現象やそのモデル化,数学的な取扱いを紹介しながら,振動学のあらゆる面で基礎となる線形1自由度系の振動解析を取り扱っている。
     さらに第2編では,連続系の偏微分方程式による解法からはじまり,線形多自由度系におけるモード展開,直交性などの共通な概念の理解へとつなげている。欧文タイトル:Vibration Theory of Mechanical Systems
目次
第1編 振動学の基礎と線形1自由度系の振動(振動現象と制御および利用
振動系の表現と解析の流れ
振動系モデリングと質量、剛性、減衰特性
運動学および動力学の基礎と運動方程式
線形1自由度系の振動
振動の加速度、変位、減衰の計測と振動遮断、衝撃応答)
第2編 連続系の振動と多自由度系の振動(線形連続系の振動解析
線形多自由度系の振動の運動方程式と解法の種類
モード解析
線形・非線形多自由度系の振動解析(逐次積分法)
回転体の振動)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 機械系の振動学
  • 機械系の振動学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中