ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 都市モデル読本

  • 都市モデル読本

都市モデル読本

  • 栗田治/著 栗田 治(クリタ オサム)
    1960年広島生まれ。1983年筑波大学社会工学類都市計画専攻卒業。1989年筑波大学大学院博士課程社会工学研究科都市・地域計画学専攻修了。1990年東京大学工学部都市工学科助手。1992年慶応義塾大学理工学部管理工学科専任講師。1996年同助教授。2002年同教授。学術博士

  • シリーズ名
    造形ライブラリー 05
  • ISBN
    978-4-320-07680-8
  • 発売日
    2004年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「景観価値の根拠」を明らかにするため、歴史都市である京都の事例を取り上げつつ、広く一般的な景観価値を示していく。
目次
序章 都市の数理モデルと研究のエートス
1章 ヴェーバー問題と模型解法
2章 1次元都市と2次元格子状都市のヴェーバー問題
3章 複数施設のミニサム型配置モデルとミニマックス型配置モデル
4章 連絡通路と距離分布の作法
5章 奥平のエレベータ断面積モデル
6章 人口成長の微分方程式モデル
7章 人口動態のコーホート要因法モデル
8章 人口分布の経験式
9章 道路パターンと距離分布の理論

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 24cm

商品のおすすめ

本書は都市・地域と建築空間の造形にかかわる数理モデルを、特論の形式で記述したテキストです。都市計画、建築計画、オペレーションズ・リサーチ、管理工学あるいは経営工学を学ぶ学部学生・大学院生に加えて、広く社会モデルに興味をお持ちの読者を想定しています。都市や建築のあり方について、その現状を分析したり将来計画を立案しようとすると、避けて通ることができない重要なテーマ群が自ずと存在します。そのなかから都市施設の適正配置・移動距離の分布・交通容量の設計原理・人口動態・都市人口分布という具合にテーマを厳選し、記述しました。

ページの先頭へ

閉じる

  • 都市モデル読本
  • 都市モデル読本

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中