ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 基礎から学べる菌類生態学

  • 基礎から学べる菌類生態学

基礎から学べる菌類生態学

  • 大園享司/著 大園 享司
    2001年京都大学大学院農学研究科博士後期課程退学。同年京都大学大学院農学研究科助手(2007年より助教)、2008年京都大学生態学研究センター准教授などを経て、2016年より現職。同志社大学理工学部教授・博士(農学)。専攻は生態学・生物多様性科学

  • ページ数
    259p
  • ISBN
    978-4-320-05787-6
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は,日本語で読める初めての菌類生態学のテキストである。入門的,導入的な内容に絞り,初めて菌類の生態学に触れる読者が親しみながら学べる工夫がなされている。
    本書は12章からなり,基礎生物学編,生態機能編,生態解析編の3部構成とした。基礎生物学編では,菌類学についての基礎的な内容をまとめた。続く生態機能編と生態解析編は,言うなれば菌類生態学の縦糸と横糸に相当する。生態機能編では,共生菌や分解菌などの生態機能群に注目して,その生態を紹介した。生態解析編では,どの生態機能群にも共通して適用可能な生態学の基礎的な事項と,近年めざましい進展を遂げている菌類生態学のフロンティア(メタゲノミクス,多様性解析,環境適応)とをバランスよくまとめた。
    各章では,基本用語や中心概念などのキーワードは太字で目立つようにするとともに,図表を多く盛り込んだ。さらに深く勉強したい人のために,各章の内容に関連する日本語の文献をリスト化して,各章の末尾に入れた。さらに各章の末尾には,理解度チェッククイズを2~3問ずつ入れた。クイズに取り組むことで,菌類の生態学についての学習を主体的に深めることができる。また,興味や必要に応じて参照できるコラムを各章に入れた。
目次
第1部 基礎生物学編(菌類はどのような生物か
菌類の系統と分類
菌糸の栄養成長
菌類の生殖)
第2部 生態機能編(内生菌
菌根菌
病原菌
分解菌
地衣類)
第3部 生態解析編(菌類の生態研究法
菌類の多様性解析法
菌類と環境適応)

商品詳細情報

サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 基礎から学べる菌類生態学
  • 基礎から学べる菌類生態学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中