ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • シリーズ現代の生態学 3 人間活動と生態系

  • シリーズ現代の生態学 3 人間活動と生態系

シリーズ現代の生態学 3 人間活動と生態系

  • 日本生態学会/編 森田 健太郎
    2002年北海道大学大学院水産科学研究科博士課程修了。現在、水産総合研究センター北海道区水産研究所主任研究員、博士(水産科学)。専門は水産資源学、魚類生態学

    池田 浩明
    1990年東京農工大学大学院連合農学研究科博士課程修了。現在、農業環境技術研究所生物多様性研究領域・上席研究員、博士(農学)。専門は農業生態学、植物生態学

応用生態学の基礎から応用的側面まで含めて概説

  • 巻の書名
    人間活動と生態系
  • 巻の著者名
    森田健太郎/担当編集委員 池田浩明/担当編集委員
  • ISBN
    978-4-320-05743-2
  • 発売日
    2015年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,400 (税込:3,672

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 新進気鋭の若手生態学者たちが考える生態学の体系をシリーズ化。3では、生物多様性の危機、環境汚染と生態影響評価などをとりあげ、人間活動と生態系に関する諸問題について、基礎から応用的側面まで含めて概説する。
目次
人間活動の歴史
生物多様性の危機
都市の自然環境
二次的な自然環境
生息地の分断化
農業の特性と生物の応答
林業の特性と生物の多様性
漁業の特性と生物の適応
環境汚染と生態影響評価
外来生物の生態学
野生生物資源の管理と持続的利用
生態系の保全と再生

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • シリーズ現代の生態学 3 人間活動と生態系
  • シリーズ現代の生態学 3 人間活動と生態系

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中