ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 生物の形づくりの数理と物理

  • 生物の形づくりの数理と物理

生物の形づくりの数理と物理

  • シリーズ名
    シリーズ・ニューバイオフィジックス 2-6
  • ページ数
    209p
  • ISBN
    978-4-320-05545-2
  • 発売日
    2000年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,800 (税込:4,104

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本巻は「生物の形は自己構築により形成される」という考えを基盤にして編纂された。 たとえば,砂山の斜面が呈する曲線や,砂丘の風紋に見られる縞模様,正六角形を基本とした雪の結晶パターンなどはいずれも自然界で行われる自己構築の結果である。自己構築は無機物の世界に 限ったことではない。生物では遺伝子が自己構築の材料と場を設定して自己構築が演じられ,そのあと次の設定が続くと考えてよい。
    自己構築は物理化学的現象である。そこでは数学や物理学などの数理的手法が重要な役割を果たしてきた。したがって,生物の形の研究にも数理が必要になる。これまで生物学は生化学に代表されるような化学が大きな役割を果たしてきた。そしていま,これに数理が加わるのである。遺伝子産物が出そろっただけでは生物の形は わからない。わかるには多くの場合数理が必要である。
目次
序章 袋で行われる自己構築
第1章 自己構築の基盤(バクテリアコロニーが形成するパターン
自己構築する曲面―リポソームの場合 ほか)
第2章 袋の表面で起こること(細胞間接着・細胞間誘導による細胞の配置―トリの肢芽中胚葉細胞と魚類錐体細胞のパターン
上皮組織がつくる幾何学的細胞パターン ほか)
第4章 袋を越えて(樹形形成のメカニズムを枝の挙動にさぐる)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 生物の形づくりの数理と物理
  • 生物の形づくりの数理と物理

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中