ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • フッ素化合物の分解と環境化学

  • フッ素化合物の分解と環境化学

フッ素化合物の分解と環境化学

  • 堀久男/著 堀 久男
    1990年慶應義塾大学大学院理工学研究科応用化学専攻後期博士課程修了。神奈川大学理学部化学科教授。国立研究開発法人産業技術総合研究所環境管理研究部門客員研究員(兼務)。工学博士。専門は環境負荷物質の分解・無害化、再資源化

  • シリーズ名
    化学の要点シリーズ 24
  • ページ数
    99p
  • ISBN
    978-4-320-04465-4
  • 発売日
    2017年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,900 (税込:2,052

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • フッ素化合物,特に炭素・フッ素結合を持つ有機フッ素化合物はさまざまな産業に使われており,我々の生活にも必要不可欠な存在である。しかしながらその存在は一般人にはもちろん,化学系学科の大学生にもあまり知られていない。家庭にあってすぐ目につく製品は限られているものの,フッ素化合物はパソコン,スマートフォン,自動車,エアコン,燃料電池,光ファイバー,医薬品等,あらゆるところで使われている。
    フッ素化合物は耐熱性や耐薬品性に優れていることが大きな利点であるが,その裏返しで廃棄物や排水の分解処理は厄介である。分解・無害化は大変やりがいのある研究分野で,環境保全の世界では大きな位置を占めている。ところが大学の化学系学科の授業ではあまり出てこないためか,化学出身者でそういう仕事に従事している人は少ない。分解も化学反応なのでこのような分野こそ化学出身者の活躍が期待できる。
    本書では,フッ素化合物の分解と環境化学的な挙動について,全くの初心者でもわかるようにまとめられている。第1章では水中の有機化合物を分解・無害化するさまざまな方法について紹介されている。第2章ではそれらを踏まえて,フッ素化合物の種類別の分解方法が解説されている。第3章ではフッ素化合物の地球規模での振る舞いについて,昔から知られているクロロフルオロカーボン類や,近年になって生態系への影響が懸念されているPFOSやPFOAと呼ばれる化合物を中心に取り上げている。
目次
第1章 有機化合物を分解するさまざまな方法(紫外線照射(UV)
促進酸化法(AOP)
フェントン反応(Fenton’s reaction) ほか)
第2章 フッ素化合物の分解方法(なぜ分解技術の開発が必要なのか
PFCA類の分解方法
PFAS類の分解方法 ほか)
第3章 フッ素化合物の環境化学(大気の構造
海洋の構造
成層圏のオゾン ほか)

商品詳細情報

サイズ 19cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • フッ素化合物の分解と環境化学
  • フッ素化合物の分解と環境化学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中