ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 水素機能材料の解析 水素の社会利用に向けて

  • 水素機能材料の解析 水素の社会利用に向けて

水素機能材料の解析 水素の社会利用に向けて

  • 日本学術振興会材料中の水素機能解析技術第190委員会/編 折茂慎一/編著 犬飼潤治/編著 折茂 慎一
    1995年広島大学大学院生物圏科学研究科(物理系)博士課程修了。東北大学材料科学高等研究所(デバイス・システムグループ)/金属材料研究所(水素機能材料工学研究部門)教授。博士(学術)。専門:材料工学、材料化学、高密度水素化物

    犬飼 潤治
    1992年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。山梨大学大学院総合研究部工学域物質科学系(クリーンエネルギー研究センター、燃料電池ナノ材料研究センター)教授。博士(理学)。専門:電極表面科学、燃料電池

  • ページ数
    157p
  • ISBN
    978-4-320-04453-1
  • 発売日
    2017年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,320

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 材料中での水素の振る舞いや材料特性に対する水素の影響・効果など,水素機能材料の解析について,その最先端を俯瞰できる。

    本書では各種の計測・計算に基づく水素機能材料の解析技術について,以下の構成でまとめている。第1章「水素機能材料に求められる特性」では,水素機能材料を水素用構造材料・水素透過材料・水素貯蔵材料・燃料電池材料の4つに分類して,それぞれに求められる特性を述べる。第2章「水素機能材料の特性を引き出す解析」では,前章で4つに分類した材料ごとに,その基本的な特性を解析するための技術を解説する。第3章「多面的な水素の解析」では,水素機能材料のより高度な解析のための計測・計算技術について詳述する。
    水素機能材料の解析は現在急速に進展している重要な研究・技術分野であり,その最先端を本書で俯瞰していただける。
目次
第1章 水素機能材料に求められる特性(水素用構造材料―水素に長期間耐える
水素透過材料―水素が自由に通り抜ける
水素貯蔵材料―水素がたくさん貯まる ほか)
第2章 水素機能材料の特性を引き出す解析(水素用構造材料―高圧水素と液体水素にどの程度耐えうるか
水素透過材料―水素はどのように通り抜けるか
水素貯蔵材料―水素はどのように貯まるか ほか)
第3章 多面的な水素の解析―水素機能材料のさらなる高度化を目指して(昇温脱離による解析―水素の存在状態を調べる
電子顕微鏡による解析―水素を直接見る
陽電子消滅による解析―ナノ欠陥と水素との関係を調べる ほか)

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 水素機能材料の解析 水素の社会利用に向けて
  • 水素機能材料の解析 水素の社会利用に向けて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中