ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • プラスチックの粘弾性特性とその利用 成形不良対策法/発泡制御法

  • プラスチックの粘弾性特性とその利用 成形不良対策法/発泡制御法

プラスチックの粘弾性特性とその利用 成形不良対策法/発泡制御法

  • 新保實/著 新保 實
    1974年金沢工業大学卒業。専門は材料力学、粘弾性学、プラスチック成形プロセス。1994年金沢工業大学教授を経て現在、(株)SMS取締役、金沢工業大学名誉教授、工学博士

  • ISBN
    978-4-320-04445-6
  • 発売日
    2013年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,500 (税込:4,950

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 軽量化と成形の容易さから,プラスチック成形品の使用が進み,高信頼性が要求される箇所にも適用が拡大している。一方で,成形時の不良や成形品の経時的な強度低下・変形による事故・不具合の危険性もある。
    本書は,プラスチックの成形不良の要因・発泡制御の方法を素材の粘弾性挙動と関連づけて説明する。
目次
第1章 プラスチックの粘弾性特性(粘弾性特性
時間‐温度換算則
線形粘弾性理論 ほか)
第2章 成形不良要因とその対策法(残留応力・変形の発生メカニズム
残留応力・変形の粘弾性解析と実験解析
硬化収縮に伴う残留応力 ほか)
第3章 発泡成形プロセスと発泡制御法(発泡体
発泡原理と影響因子
発泡成形プロセス ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm

ページの先頭へ

閉じる

  • プラスチックの粘弾性特性とその利用 成形不良対策法/発泡制御法
  • プラスチックの粘弾性特性とその利用 成形不良対策法/発泡制御法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中