ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • シンプルな物理学 身近な疑問を数理的に考える23講

  • シンプルな物理学 身近な疑問を数理的に考える23講

シンプルな物理学 身近な疑問を数理的に考える23講

  • ポール・J.ナーイン/著 河辺哲次/訳 河辺 哲次
    九州大学名誉教授。1949年福岡市生まれ。1972年東北大学工学部原子核工学科卒。1977年九州大学大学院理学研究科(物理学)博士課程修了(理学博士)。その後、高エネルギー物理学研究所(KEK)助手、九州芸術工科大学教授、九州大学大学院教授を務める。この間、コペンハーゲン大学ニールス・ボーア研究所に留学。専門、素粒子論、場の理論におけるカオス現象、非線形振動・波動現象、音響現象

  • ページ数
    245p
  • ISBN
    978-4-320-03604-8
  • 発売日
    2018年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,700 (税込:2,916

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 基本的な物理法則や原理に基づく「シンプルな物理学」を使って、身近な現象を数理的に理解する。
目次
数学はお好き?
信号無視はダメ
空気の運動からエネルギーを作ろう
車のスピードレースと宇宙ステーション
メリーゴーランドと潮の満ち引き
水の運動からエネルギーを作ろう
髪の乱れにベクトルを想う
照明問題
ストップウォッチで深さを測る
序章のチャレンジ問題を解こう
本の積み重ねとドミノ倒し
通信衛星
ハシゴを立てる
なぜ夜空は暗い?
ものの浮き沈み
クランクシャフトの動き
野球でうまく捕球するコツ
ボール投げと射撃
大圏コースで超高速の旅を
空中を飛ぶ
アメリカンフットボールの技
重加速度の安価な測定法
エピローグ―ニュートン、重力計算を間違う

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

基本的な物理法則や原理に基づく「シンプルな物理学」を使って,身近な自然現象や物理的・工学的な現象を数理的に理解する。

本書で取り上げている23の疑問の多くは,誰もが一度は経験したり,不思議に感じたりしたことがあるものです。例えば,
・交差点の直前で信号が黄色に変わった。アクセルを踏むか,ブレーキを踏むか
・飛んできたボールを絶妙にキャッチするためのテクニック
・恐怖心をあおるバンジージャンプの安全性
・セットしたヘアスタイルを乱す強風の向き
・ハシゴを立てかけるときに必要な力
・倒壊する高い煙突の崩れ方
・月は地球から遠ざかっている
・地球の回転の速さは遅くなっている
・太陽や月による潮汐の仕組み
・宇宙ステーションや静止衛星の動き
・なぜ夜空は暗いか
一見,難しく見える現象でも,その背後には「シンプルな物理学」が通奏低音のように流れています。“ふっと”「なぜだろう?」と思ったときに,「ああそうだ,あのように考えればシンプルに理解できるんだ!」と,考える糸口やヒントを与えてくれるのが本書の効用です。

ページの先頭へ

閉じる

  • シンプルな物理学 身近な疑問を数理的に考える23講
  • シンプルな物理学 身近な疑問を数理的に考える23講

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中