ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 微分幾何学とゲージ理論

  • 微分幾何学とゲージ理論

微分幾何学とゲージ理論

  • 茂木勇/著 伊藤光弘/著 茂木 勇(モギ イサム)
    1947年東京文理科大学数学科卒業。専攻は微分幾何学。現在、筑波大学名誉教授。理学博士

    伊藤 光弘(イトウ ミツヒロ)
    1972年東京教育大学理学部数学科卒業。専攻は微分幾何学。現在、筑波大学数学系教授。理学博士

  • ISBN
    978-4-320-01687-3
  • 発売日
    2001年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 物理学の「統一場理論」を支えるゲージ理論は微分幾何学の枠組みで発展し、さらに他の数学分野とも影響を与え合い、今日に至っている。本書は、ゲージ理論への入門を生き生きとまとめあげ、いざなう名著である。
目次
第1章 多用体とLie群
第2章 ファイバー束とゲージ変換
第3章 ファイバー束と接続
第4章 Yang‐Mills汎関数とYang‐Mills接続
第5章 R4上のYang‐Mills接続
第6章 楕円複体とモジュライ空間

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 微分幾何学とゲージ理論
  • 微分幾何学とゲージ理論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中