ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アーティファクトデザイン

  • アーティファクトデザイン

アーティファクトデザイン

  • シリーズ名
    京都大学デザインスクールテキストシリーズ 3
  • ページ数
    297p
  • ISBN
    978-4-320-00602-7
  • 発売日
    2018年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,900 (税込:4,212

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人工物のデザイン対象を,技術的要因に加えて人的要因・組織的な要因が相互に複雑に絡む複合体と見なし,特に人工物自身の中身と組織である「内部」環境と,人工物がそのなかで機能する環境である「外部」環境,さらにそこにヒトがどのように人工物とかかわるかの「インタラクション」の3つの視点からのデザインを考える。ここに通底するのが,人工物の理解を可能にしているヒトの認知戦略であるが,本書では,ヒトの認知をどのように捉え,インタフェースの技術がそれをどのように支援するのか,それによりヒトの認知がどのように変容し,認知の対象はどこまで拡がりを見せるのか,について考える。そして人工物と環境ならびにヒトとの間で生み出されるインタラクションの諸相に着目し,ヒトが外界との連続的な相互のかかわりの中で見出している認知戦略について明らかにする。さらに,ヒトの活動を支える技術として,個人や社会にとって,光の部分のみならず,影の部分,すなわち新たな技術によって抱え込むことが予想される矛盾,へも配慮しながら,それへの解消に向けてどのような技術革新が求められるかについても明らかにする。
目次
第1章 アーティファクトのデザイン

第2章 人工物の機能と概念設計

第3章 人間機械系のデザイン

第4章 人間機械系のデザイン方法論

第5章 人工物のデザイン原理

第6章 インタフェースのデザイン論

第7章 認知的作業分析

第8章 人工物のセミオティックデザイン

第9章 複雑な社会技術システムのデザインと解析手法

第10章 不便の効用を活用するシステムデザイン

商品詳細情報

サイズ 24cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • アーティファクトデザイン
  • アーティファクトデザイン

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中