ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • はじまりの戦後日本 激変期をさまよう人々

  • はじまりの戦後日本 激変期をさまよう人々

はじまりの戦後日本 激変期をさまよう人々

  • 橋本健二/著 橋本 健二
    1959年、石川県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。現在、早稲田大学人間科学学術院教授(社会学)。データを駆使して日本社会の階級構造を浮き彫りにする。また、趣味と研究を兼ねて「居酒屋考現学」を提唱

  • シリーズ名
    河出ブックス 091
  • ISBN
    978-4-309-62490-7
  • 発売日
    2016年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,760

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 兵役と復員、移民と引揚げ、戦災と疎開、ヤミ市、農地改革…戦中から戦後にかけて、膨大な数の人々が、それまでの生活基盤を失い、新しい社会的地位を求めて、戦禍と廃墟の中をさまよわなければならなかった―。「リンゴの唄」から説き起こし、精密なデータ分析によって社会移動の実態を浮き彫りにしつつ、人々がたどったさまざま人生行路を活写。社会のマクロ変化と個人のミクロな経験をともに描く、画期的な戦後日本社会形成史。
目次
序章 「リンゴの唄」と流浪する人々
第1章 戦後社会形成史の試み
第2章 戦前から戦後へ―さまざまな人生行路
第3章 戦前・戦中・戦後の階級構成
第4章 戦禍と廃墟のなかの社会移動
第5章 変転する農民層
第6章 戦後労働者階級の形成
第7章 戦後社会の担い手たち
終章 非常時の社会移動空間―舞台装置としての戦中・戦後

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • はじまりの戦後日本 激変期をさまよう人々
  • はじまりの戦後日本 激変期をさまよう人々

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中