ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 脳人間の告白

  • 脳人間の告白

脳人間の告白

  • 高嶋哲夫/著 高嶋 哲夫
    1949年岡山県生まれ。慶應義塾大学工学部卒業、大学院修士課程修了。日本原子力研究所研究員を経て、カリフォルニア大学に留学。90年『帰国』で北日本文学賞、94年『メルトダウン』で小説現代推理新人賞、99年『イントゥーダー』でサントリーミステリー大賞・読者賞、2006年井植文化賞、17年『福島第二原発の奇跡』でエネルギーフォーラム賞優秀賞を受賞

  • シリーズ名
    河出文庫 た46-1
  • ページ数
    277p
  • ISBN
    978-4-309-41676-2
  • 発売日
    2019年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

720 (税込:792

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ある日、僕は「脳」だけになった……何てことをしてくれたんだ! 十メートル四方の部屋を舞台に繰り広げられる前代未聞の衝撃作!(「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

日本の脳研究の最前線を走る医師・本郷を襲った突然の自動車事故。気が付けば彼は一筋の光もない暗闇の中にいた。感覚のない身体、無限にも感じる時間、そして恋人・秋子への想い…次第に彼の精神は、恐怖に押し潰されそうになる。やがて彼は、自らの置かれている驚愕の状況を知り絶望する。「何てことをしてくれたんだ!」―突然の刑事の来訪で揺れるK大学医学部脳神経外科研究棟三〇五号室を舞台に、衝撃の物語が幕を開ける!

ページの先頭へ

閉じる

  • 脳人間の告白
  • 脳人間の告白

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中