ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 太宰治の手紙 返事は必ず必ず要りません

  • 太宰治の手紙 返事は必ず必ず要りません

太宰治の手紙 返事は必ず必ず要りません

  • 太宰治/著 小山清/編 太宰 治
    1909年、青森県金木村生まれ。作家。本名・津島修治。東京大学仏文科中退。在学中、左翼活動に従事。田部シメ子と心中未遂、ひとり助かる。36年、第一創作集『晩年』刊。当時、パビナール中毒に悩む。39年、井伏鱒二の紹介で石原美知子と結婚。戦後、『斜陽』で流行作家に。『人間失格』を残し、1948年、山崎富栄と玉川上水で入水自殺

    小山 清
    1911年、東京・浅草生まれ。作家。1940年、太宰治を訪ね、以後師事。45年、太宰一家の疎開中、留守宅を守る。47年、夕張炭坑の鉱員となり、渡道。太宰の死を機に帰京、執筆活動に。後年、失語症に陥り、妻の自死にも遭う。1965年逝去

  • シリーズ名
    河出文庫 た5-2
  • ISBN
    978-4-309-41616-8
  • 発売日
    2018年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

760 (税込:836

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人間太宰治の生まの声。師井伏鱒二、作家木山捷平、私淑した小山清、若い友人高田英之助、内縁の妻小山和代と姦通した小館善四郎らへ送った、戦前の全百通の書簡。あふれる優しさ、誠実さ、含羞、そしてダメさ加減。編者小山清の解説も行き届く。太宰文学の舞台裏がここにある。
目次
木山捷平宛(昭8・3・1)
木山捷平宛(昭8・5・3)
木山捷平宛(昭8・9・11)
小館京宛(昭9・8・14)
山岸外史宛(昭和10・6・3)
小館善四郎宛(昭和10.7.31)
小館善四郎宛(昭10・8・21)
今官一宛(昭10・8・31)
今官一宛(昭10・9・2)
神戸雄一宛(昭10・10・4)〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

太宰治が、戦前に師、友人、縁者に送った百通の手紙。井伏鱒二、木山捷平宛てなど。優しさ、本音、ダメさかげんが赤裸々に伝わる。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 太宰治の手紙 返事は必ず必ず要りません
  • 太宰治の手紙 返事は必ず必ず要りません

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中