ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 悪いことをして罰があたった子どもたちの話

  • 悪いことをして罰があたった子どもたちの話

ポイント倍率

悪いことをして罰があたった子どもたちの話

  • ヒレア・ベロック/文 エドワード・ゴーリー/絵 柴田元幸/訳 ベロック,ヒレア(Belloc,Hilaire)
    1870年‐1953年。歴史や思想、詩や小説など多岐にわたって文筆活動を行った

    ゴーリー,エドワード(Gorey,Edward)
    1925年、シカゴ生まれ。独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表している。またエドワード・リアやサミュエル・ベケットらの作品の挿画、劇場の舞台美術なども手がけた。幻想的な作風と、アナグラムを用いた(Ogdred Wearyなど)ペン・ネームを使い分けて、たくさんの私家版を出版したために、多くの熱狂的コレクターを生みだした。2000年4月15日、心臓発作のため死去

    柴田 元幸
    1954年、東京生まれ。アメリカ文学研究者。東京大学文学部教授。2005年『アメリカン・ナルシス』(東京大学出版会)でサントリー学芸賞受賞。『生半可な學者』(白水社)で講談社エッセイ賞受賞

  • ISBN
    978-4-309-27224-5
  • 発売日
    2010年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,000 (税込:1,080

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • あなたもわたしもだれだってなにかしてます悪いこと―悪いことをした子どもには残酷な運命が待つという訓話をゴーリー風味で味つけした素晴らしくも哀しいものがたり。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 24cm
原題 原タイトル:CAUTIONARY TALES FOR CHILDREN
対象年齢 一般

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

ゴーリーは1925年シカゴ生まれ このお話に登場する子どもたち乳母の手を離して ライオンに食われて死んだ・・・・ こんな怖いー(子どもなんて 言うこと聞かないことは多いんですが・・・)こうも残酷に 罰があたるのは怖すぎる○紐を飲み込んで 苦しんで死んだ ヘンリー○うそをついて 焼け死んだ マチルダ ○泥遊びして 伯父さんに懲らしめられた子ども 伯父さんの懲らしめようが あまりにも 虐待的で怖いなー○ 挨拶もしない 高慢な子どもだと 大人が おとしめた話○弾入りの中で遊ぶ子どもを叱る 父は正しいと思うんですが・・・○自動車を怖がる男の子 この時代の自動車は  排気ガスの煙が黒くて怖く見えた男の子  なんだか 時代が違いますが子どもはいたずらしますがね それを教えるのは 大人の役目ですね大人も うそつくし 悪いこともしますから この絵本は 大人への教訓でもありますねまあ ごらんあれ  (にぎりすしさん 60代・京都府 )

ページの先頭へ

閉じる

  • 悪いことをして罰があたった子どもたちの話
  • 悪いことをして罰があたった子どもたちの話

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中