ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 1989年12月29日、日経平均3万8915円 元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

  • 1989年12月29日、日経平均3万8915円 元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

1989年12月29日、日経平均3万8915円 元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

  • 近藤駿介/著 近藤 駿介
    金融・経済・資産運用評論家。1957年東京生まれ。早稲田大学理工学部土木工学科卒業。大手総合建設会社勤務を経て、31歳で野村投信(現野村アセットマネジメント)に入社。ファンドマネージャーとして25年以上にわたり、株式、債券、デリバティブ、ベンチャー投資、不動産関連投資など、さまざまな運用を経験。90年代中頃には合計約8000億円の日本最大規模の資金を運用していた。現在は評論家、コンサルタントとして活動し、テレビ、インターネット、雑誌などにコメント提供や記事執筆をしている

  • ページ数
    270p
  • ISBN
    978-4-309-24862-2
  • 発売日
    2018年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ガリバー野村が“金利取引”に敗れた日。平成バブルの発生から崩壊まで、舞台裏ではいったい何が起きていたのか。なぜ“1990年1月”に突然、株価急落は始まったのか?“本当の理由”が今明らかになる。
目次
第1章 土木技術者からファンドマネージャーに
第2章 バブルに舞い上がっていた運用会社
第3章 黒船来襲―先物取引と裁定取引
第4章 バブル崩壊に揺れた運用会社
第5章 野村総合研究所投資調査部へ出向
第6章 1990年1月からバブルが崩壊した本当の理由
第7章 バブル崩壊で環境が一変した投資信託
最終章 仮想通貨バブルの真犯人

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

元野村投信のファンドマネージャーが金融市場の舞台裏を振り返りつつ、バブル崩壊の「本当の理由」と「真犯人」を初めて明らかにする
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 1989年12月29日、日経平均3万8915円 元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実
  • 1989年12月29日、日経平均3万8915円 元野村投信のファンドマネージャーが明かすバブル崩壊の真実

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中