ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • しあわせのヒント

  • しあわせのヒント

しあわせのヒント

  • ISBN
    978-4-309-24191-3
  • 発売日
    1997年08月

1,200 (税込:1,320

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「しあわせ」って、なんだろう?4人の子どもを育てながら、私塾を開いて25年。哲学者・長谷川宏が、絵本作家である妻の摂子と語り下ろしたおとなと子どものための「幸福論」。
目次
1 しあわせな子どもはどこにいるか
2 赤門塾の二十五年をふりかえる
3 自分たちの体験から
4 地域とのかかわりかた

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

長谷川摂子さんと長谷川さんのご主人で哲学者の宏さんとの対談です。お二人は赤門塾という塾をされていて、そこに集まる子どもたちとの関わりや活動が参考になりました。進学塾はたくさんありますが、地域の子どもたちのふれあいの場所的な塾はユニークだし珍しいのではないでしょうか。近くにあれば行ってみたいような場所だと思いました。印象に残ったのは大人もあるがままということ、大人があるがままであれば子どもにも背伸びすることを求めないし、関係もゆったりしたものになりますよね。自分の子どもを急がせているつもりはなくてもそうしむけているような面はあるかもしれないと反省しつつ、ゆったりと緩やかな関係が築けたらいいなあと思いました。(はなびやさん 40代・愛知県○市 男8歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • しあわせのヒント
  • しあわせのヒント

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中