ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 宮本常一を旅する

  • 宮本常一を旅する

宮本常一を旅する

  • 木村哲也/著 木村 哲也
    1971年生まれ。著述家、歴史学・民俗学研究者。東京都立大学人文学部卒、神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科博士後期課程修了。博士(歴史民俗資料学)。周防大島文化交流センター学芸員を経て、多摩美術大学非常勤講師。著書に、『来者の群像―大江満雄とハンセン病療養所の詩人たち』(第28回高知出版学術賞特別賞)など

  • ISBN
    978-4-309-22733-7
  • 発売日
    2018年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 北は北海道利尻島から、南は沖縄宮古島へ。宮本常一ゆかりの地を訪ね直し、あるく・みる・きく。そこから、何が見えてくるか。宮本常一の業績を追体験し、その先を探る、宮本学を新たに継承する画期的な紀行ノンフィクション。
目次
1 非農業民へのまなざし
2 瀬戸内海の多様性―戦後の漁業資料調査より
3 離島振興の冒険
4 写真という方法
5 観光文化を語る―若い仲間とともに
6 「日本文化論」への挑戦

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

日本中を歩いた民俗学者宮本常一が歩いた場所を訪れ、関係者に会い、宮本の業績を捉え直しつつ、その場の今を考える民俗紀行。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 宮本常一を旅する
  • 宮本常一を旅する

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中