ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 辺境のフォークロア ポスト・コロニアル時代の自然の思考

  • 辺境のフォークロア ポスト・コロニアル時代の自然の思考

辺境のフォークロア ポスト・コロニアル時代の自然の思考

  • 金子遊/著 金子 遊
    1974年、埼玉県生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒。現在、同学部非常勤講師。映像作家・民族誌学。「批評の奪還 松田政男論」で映画芸術評論賞・佳作、「弧状の島々ソクーロフとネフスキー」で三田文学新人賞(評論部門)受賞。ドキュメンタリーマガジン「neoneo」編集委員

  • ISBN
    978-4-309-22619-4
  • 発売日
    2015年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 一国民俗学の彼方へ。サハリンから南洋へ。太平洋の島弧の文化的な連続性をとらえるために、異なる言語や文化が接触する辺境へまで広がる、「ポスト民俗学」時代のエスノグラフィー。
目次
第1章 琉球・奄美考(アレクサンドル・ソクーロフと奄美群島
ニコライ・ネフスキーと宮古島
天皇裕仁と折口信夫の「若水の話」
ソクーロフいよる島尾ミホ)
第2章 樺太・蝦夷・東北考(サハリン半島の年代記―一二九八年‐一七三〇年
チェーホフのサハリン島―一八九〇年
シュテルンベルクとニヴフ族―一八八九年‐一八九七年
ネフスキーのアイヌ・フォークロア―一九〇六年、一九一九年‐一九二六年
ネフスキーと東北のオシラ様―一九一〇年‐一九二二年
オロッコ/ウィルタ族の悲劇―一九二六年‐一九五五年)
第3章 ボニン=小笠原考―混淆する南洋の入り口(小笠原―ジャック・ロンドンと瀬川清子
小笠原―北原白秋のカナカ人)
第4章 マリアナ・南洋考(マリアナ群島―鈴木経勲の南進論
松岡静雄―ミクロネシアの民族誌
サテワヌ島―土方久功とカナカ族)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

サハリンから南洋へ。太平洋の島弧の文化的な連続性をとらえるために、辺境へ。反侵略の「ポスト民俗学」の実践。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 辺境のフォークロア ポスト・コロニアル時代の自然の思考
  • 辺境のフォークロア ポスト・コロニアル時代の自然の思考

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中