ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 愛という名の病

  • 愛という名の病

愛という名の病

  • パトリック・マグラア/著 宮脇孝雄/訳 マグラア,パトリック(McGrath,Patrick)
    1950年ロンドンに生まれる。精神科医の父親が勤める精神病院の近所で育ち、中には犯罪者もいる患者との交流や、耳にしたさまざまの凄惨な話が少年期の彼の心に深い影響を残したという。ロンドン大学では英文学の学位を取得。10年ほどの放浪生活をへて、ニューヨークで作家生活に入る。1988年刊行の処女短篇集『血のささやき、水のつぶやき』がC・バーカーに激賞され、書評誌をにぎわしたのを受け、翌年には処女長篇である『グロテスク』を発表。ポストモダン・ゴシックの旗手として活躍、独特の知的で凶々しい世界を築き上げている

  • ISBN
    978-4-309-20388-1
  • 発売日
    2003年10月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「あなたは母の愛人だったんですか?」突然現れたパイロットのひとことから愛の地獄めぐりが始まった…。ポストモダン・ゴシックの旗手、パトリック・マグラアの描くミステリアス・ロマンス。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原書名:Dr.Haggard’s disease
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 愛という名の病
  • 愛という名の病

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中