ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 金太郎飴 磯崎憲一郎エッセイ・対談・評論・インタビュー2007-2019

  • 金太郎飴 磯崎憲一郎エッセイ・対談・評論・インタビュー2007-2019

金太郎飴 磯崎憲一郎エッセイ・対談・評論・インタビュー2007-2019

  • 磯崎憲一郎/著 磯崎 憲一郎
    1965年生まれ。2007年『肝心の子供』(河出書房新社)で第四四回文藝賞を受賞しデビュー。著書に『眼と太陽』(河出書房新社/芥川賞候補)、『世紀の発見』(河出書房新社)、『終の住処』(新潮社/芥川賞)、『赤の他人の瓜二つ』(講談社/ドゥマゴ文学賞)、『往古来今』(文藝春秋/泉鏡花文学賞)がある。現在、東京工業大学教授

  • ページ数
    511p
  • ISBN
    978-4-309-02851-4
  • 発売日
    2019年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,300 (税込:3,630

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 受賞の言葉、文庫解説、新人賞選評、受賞記念対談etc.対談・青山七恵、石原千秋、佐々木敦、佐々木中、辻原登、中島岳志、蓮實重彦、羽生善治、保坂和志、横尾忠則他。朝日新聞「文芸時評」2017‐2019。
  • ※発売日が変更になりました
    12月19日→12月24日
目次
受賞の言葉 文藝賞受賞の言葉
エッセイ 受賞という事実よりもはるかに重いもの
インタビュー “本流”の世界文学を書く!
対談 保坂和志×磯崎憲一郎―風景を描くことによってひらかれる世界
インタビュー ブッダの物語を描く
書評 小説生成の根源に触れる―小島信夫『小説の楽しみ』『書簡文学論』
エッセイ 古墳公園
アンケート 私の「海外の長篇小説ベスト10」
エッセイ 「向こう側」への見事な飛躍―ムージル『三人の女・黒つぐみ』
受賞の言葉 芥川賞受賞のことば〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「小説的身体」を創るためのすべてがここに――デビューから12年、全身を「小説」に捧げて来た磯崎憲一郎・全思考。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 金太郎飴 磯崎憲一郎エッセイ・対談・評論・インタビュー2007-2019
  • 金太郎飴 磯崎憲一郎エッセイ・対談・評論・インタビュー2007-2019

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中