ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 不道徳お母さん講座 私たちはなぜ母性と自己犠牲に感動するのか

  • 不道徳お母さん講座 私たちはなぜ母性と自己犠牲に感動するのか

不道徳お母さん講座 私たちはなぜ母性と自己犠牲に感動するのか

  • 堀越英美/著 堀越 英美
    1973年生まれ。ライター。早稲田大学第一文学部卒業。著書に『萌える日本文学』(幻冬舎)、『女の子は本当にピンクが好きなのか』(ele-king books)など

  • ISBN
    978-4-309-02715-9
  • 発売日
    2018年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,550 (税込:1,674

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2018年、小学校で道徳が正式教科に!!ごんぎつねに感動させてどうする気?不肖母さんライターがモノ申す、日本の「道徳」解体新書。
目次
第1章 読書と「道徳」(道徳教育のための読書
かつて小説は有害メディアだった―明治二〇年代までの小説観
バイオレンス上等!日本児童文学の夜明け
少年雑誌で作られた男らしさ規範
婦徳から「愛され」道徳へ
文学で「堕落」した若者たち―自我の目覚めと修身
俗悪バッシングと推薦図書の誕生)
第2章 「道徳」としての母(自己犠牲する母はなぜ「泣ける」のか
母性幻想の誕生
母性による女性解放
母性と愛国)
第3章 感動する「道徳」(二分の一成人式とママへの感謝が育むもの
巨大組体操は誰のため?
ありのままは本当にありのままか
ごんぎつねは二度死ぬ―国語教科書が悲しい理由)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

お母さんライターが、「道徳」のタブーに踏み込み解体! 歴史をさかのぼり、日本人の「道徳観」がいかにつくられたかを明かす。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 不道徳お母さん講座 私たちはなぜ母性と自己犠牲に感動するのか
  • 不道徳お母さん講座 私たちはなぜ母性と自己犠牲に感動するのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中