ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • プログラム

  • プログラム

プログラム

  • 土田英生/著 土田 英生
    1967年生。劇作家・演出家・俳優。劇団「MONO」代表。99年、『その鉄塔に男たちはいるという』にて、OMS戯曲賞大賞受賞。2001年、『崩れた石垣、のぼる鮭たち』にて、芸術祭賞優秀賞受賞。テレビドラマや映画脚本なども執筆多数

  • ISBN
    978-4-309-02538-4
  • 発売日
    2017年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,650

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 純粋な“日本人”以外はバッジ装着義務のある閉じた人工島「日本村」には、夢の次世代エネルギーMG発電の本拠地がある。ある日、空に赤い小さな雲が浮かび……その日を描く連作長編小説。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

夢のエネルギーMG発電の本拠地があり、純日本化政策が進む人工島・日本村に、ある日赤い小さな雲が浮び……その日を描く連作長編。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • プログラム
  • プログラム

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中