ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 文学研究の窓をあける 物語・説話・軍記・和歌
  • 文学研究の窓をあける 物語・説話・軍記・和歌

  • 文学研究の窓をあける 物語・説話・軍記・和歌
  • 文学研究の窓をあける 物語・説話・軍記・和歌

文学研究の窓をあける 物語・説話・軍記・和歌

  • 石井正己/編 錦仁/編 石井 正己
    東京学芸大学教授、一橋大学大学院連携教授、柳田國男・松岡家記念館顧問、韓国比較民俗学会顧問。日本文学・民俗学専攻

    錦 仁
    新潟大学名誉教授・フェロー

  • ページ数
    276p
  • ISBN
    978-4-305-70864-9
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,484

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本の古典文学の新たな学び方。文学の研究が現代の社会から離れてきた。文学を研究するとはどういうことなのか。7人の研究者が真剣に討論した、未来へ窓をあける提言に満ちた書。
目次
第1部 講演録(洪水神話と『源氏物語』
東アジア文学研究の未来に向けて―『吉備大臣入唐絵巻』を中心に
古態論のさきには―平家物語研究をひらく2
和歌の帝国―菅江真澄・林子平・古川古松軒)
第2部 海外から見る日本文学(東アジア説話研究における『遺老説伝』
韓国における日本古典文学の翻訳
『平家物語』に見られる馬の文学的象徴性)
第3部 緊急共同討議(文学研究に未来はあるか)

商品詳細情報

サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

日本の古典文学の新たな学び方

文学の研究が現代の社会から離れてきた。
文学を研究するとは。どういうことなのか。
7人の研究者が真剣に討論した、未来へ窓をあける提言に満ちた書。

■執筆者
石井正己/小峯和明/松尾葦江/錦仁/金容儀/李市ジュン/セリンジャー・ワイジャンティ
■編集協力者
出口久徳/中村勝/船越亮佑/安松拓真

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中