ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 漢語アクセント形成史論

  • 漢語アクセント形成史論

漢語アクセント形成史論

  • ISBN
    978-4-305-70862-5
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

11,000 (税込:11,880

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 現代日本語の漢語アクセントは、古代に取り込んだ中国語声調の特徴を未だ部分的に保持している。しかしその受容と変化のプロセスは明らかになっていない。本書ではその解明を目指して、鎌倉期の和化漢文訓読資料・和漢混淆文資料の声点を分析し音韻史研究の空白を埋める。
目次
序章 本書の目的と構成
第1章 字音声点を分析する上での基礎的問題(声点の認定とそのデータ化に関わる問題
字音注記とその出典に関わる問題―『医心方』を中心に)
第2章 原音声調の継承と変容(原音声調の継承と変容の一形態―音調のグループ化の多様化
漢語の声点に反映した原音声調の継承と変容)
第3章 漢語アクセントの形成(字音声調から漢語アクセントへ
アクセント体系変化前後に見る漢語アクセントの対応)
終章 原音声調から漢語アクセントが形成されるまで(字音声点の認定と字音学習に関わる問題
原音声調の継承と変容
漢語アクセントの形成
おわりに 課題と展望)

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 漢語アクセント形成史論
  • 漢語アクセント形成史論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中