ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 宣長はどのような日本を想像したか 『古事記伝』の「皇国」
  • 宣長はどのような日本を想像したか 『古事記伝』の「皇国」

  • 宣長はどのような日本を想像したか 『古事記伝』の「皇国」
  • 宣長はどのような日本を想像したか 『古事記伝』の「皇国」

宣長はどのような日本を想像したか 『古事記伝』の「皇国」

  • 裴寛紋/著 〓 寛紋()
    1978年韓国忠清南道生まれ。2001年韓国外国語大学日本語科卒業。2011年東京大学大学院総合文化研究科博士取得。翰林大学生死学研究所研究教授を経て、高麗大学民族文化研究院研究教授。専門は近世国学思想

  • ページ数
    254,4p
  • ISBN
    978-4-305-70834-2
  • 発売日
    2017年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,500 (税込:5,940

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本思想史上での宣長再評価に向けて。『古事記伝』は『古事記』の解釈を通して、宣長による新たな神話を成立させたテキストであった。つくり出された“古事記”はいかなる物語となったのか。『古事記伝』の読みが『古事記』と最も乖離している箇所「外国“とつくに”」に着目し。ひるがえって、自国日本に対して用いた語「皇国“みくに”」の意味を追究する。神について語る『古事記』を、人に適用して読もうとした『古事記伝』の本質が明らかになる。
目次
序章 『古事記伝』で「皇国」を問うこと
第1章 『古事記伝』のつくった「外国」(「常世国」から拡大した「外国」の物語
地球的世界における「外国」と「皇国」
「皇国」の物語のためにつくられた「外国」)
第2章 『古事記伝』における「カラ国」の克服(「韓国」の解決
固有なる起源を求めて)
第3章 『古事記伝』のつくった「皇国」(「事」としての世界
世界の原典としての“古事記”
「皇国」の選択)
終章 宣長学の解明に向けて―「皇国」の物語の達成が導くもの

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中