ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 萬葉集訓読の資料と方法

  • 萬葉集訓読の資料と方法

萬葉集訓読の資料と方法

  • 池原陽斉/著 池原 陽斉
    1981年、東京都生まれ。2013年、東洋大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。上代文学専攻。2016年12月現在、東洋大学・日本体育大学非常勤講師。第33回上代文学会賞(2016年)、平成27年度「文学・語学」賞(2016年)受賞

  • ページ数
    383,16p
  • ISBN
    978-4-305-70821-2
  • 発売日
    2016年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

11,000 (税込:11,880

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 仮名作品とは異なり、漢字文献である『萬葉集』を読む際には「訓読」の工程を抜きにすることはできない。資料として、10世紀後半成立の『赤人集』をとりあげ、従来いわれていた萬葉集との享受関係だけでなく、本文校訂や訓読面でも活用できることを実証。『古今和歌六帖』も視野に入れ、平安朝仮名文献活用の端緒を開く。「訓む」ために本文を校訂し、本文の校訂が「訓み」を変える。2つの連動を実践し、萬葉集の真の姿に切り込む!上代文学会賞、「文学・語学」賞、受賞論文収録。
目次
第1部 萬葉集抄本としてみた赤人集(萬葉集伝来史上における赤人集の位置
西本願寺本赤人集の成立―萬葉集巻十抄本からの展開を中心に
赤人集三系統の先後関係―萬葉集巻十抄本の変遷史
赤人集と古今和歌六帖―十世紀後半の萬葉歌の利用をめぐって
萬葉集巻十および赤人集三系統対校表)
第2部 萬葉集の訓読と本文校訂(赤人集による萬葉集本文校訂の可能性
萬葉集の本文校訂と古今和歌六帖の本文異同―佐竹昭広説の追認と再考
「御名部皇女奉和御歌」本文異同存疑―諸伝本の字形の傾向から
類聚古集と廣瀬本の関係―共通する缺陥本文をめぐって
「雪驪朝楽毛」の本文校訂と訓読―次点本の本文が対立する場合の一方法)
第3部 萬葉集訓読の方法(「戯嗤僧歌」の訓読と解釈―「馬繋」と「半甘」を中心に
「献新田部皇子歌」訓読試論―「茂座」借訓説をめぐって
「篭毛與 美篭母乳」の訓読再考―注釈史の対立を読み直す
萬葉集の「風流士」―字訓史との関係から
「みやび」と「風流」の間隙―萬葉集と伊勢物語の非連続性)
結論 本書のまとめと展望

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 萬葉集訓読の資料と方法
  • 萬葉集訓読の資料と方法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中